Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

パソコン(IT支援)

マウスキー機能とは?

投稿日:2017-12-05 更新日: 2017-12-06

マウスキー機能とは、Windowsのパソコンに標準装備されている機能です。
設定をオンにすることで、テンキーでマウスを動かすことができます。

マウスキー機能はテンキーでマウス操作をするためのものです。
 
 
 

マウス以外でマウスカーソルを動かしたい

 
障害により手が不自由で、マウスを使えない。
手元にマウスがない。
マウスでの操作が嫌い。

理由はいろいろありますが、マウス以外でマウスカーソルを動かしたいと思ったときに標準設定でなんとかしようと思ったらマウスキー機能が挙がります。

テンキーとはパソコンのキーボードにある電卓のような(?)数字キーのところです。

マウスキー機能ではテンキーがマウスのかわりになります。
 
 
 

設定手順

 
「コントロールパネル」→「コンピューターの簡単操作」
→「マウスの操作」→「マウスキー機能を有効にする」をチェックしましょう。

WindowsのOSにより若干設定手順は異なりますが、だいたいは上記のような感じです。
 
 
 

割り当て

 
マウスキー機能を有効にすると、
テンキーに以下のような機能が割り当てられます。

1:左斜め下
2:下
3:右斜め下
4:左
5:クリック
6:右
7:左斜め上
8:上
9:右斜め上
0:ドラッグ
.:ドロップ
/:左ボタン選択
-:右ボタン選択
*:左右のボタン選択

マウスキー機能で一番特徴的なのが、「5」のクリックが他のキーにより役割が変わるところです。

ちょうど車がギアにより前進かバックか変わるような感覚。

/(スラッシュ)を押すと、その後「5」は左クリックに。
-(マイナス)を押すと右クリックになります。

これは押し続けるという意味ではなく、1回押すという意味です。
 
 
 

補足

 
本来テンキーには数字の機能と矢印の機能があります。
数字の機能をオンにするかどうかのキーが「NumLK(ナムロック)」キーです。

マウスキー機能がNumLKがONのとき使うかOFFのとき使うかは、マウスキー機能の設定時に確認しておきましょう。
 
 
 

補足2

 
マウスキー機能を有効にすると、
タスクバーにマウスキー機能のマークが出ます。

今、「5」が左クリックなのか右クリックなのかはこのマークで確認できますので、知っておくと便利です。
 
 
 

まとめ

 
マウスキー機能は特にソフトなどを入れなくても使える標準装備の設定なので、知っておいて損はないでしょう。
クリックの切り替えの操作が馴染みがないぶんわかりにくいかもしれませんが、慣れでしょう。

マウスキー機能の長所は、ドラッグ&ドロップが押しっぱなしじゃなくてもできるとことです。
「0」を1回押せば、左クリックを押しっぱなしと同じ状態にできるので、キーを押し続けなくてもドラッグ操作ができます。

みなさんも一度試してみてはいかがでしょうか。
 
 
 
その他の記事
 
テンキーでマウスカーソルを動かす ~KeyPointer~

ローコストエイド ~IT機器を低コストで導入する例~

スクリーンキーボードとJoyToKeyの相性が悪い場合の備忘録

-パソコン(IT支援)

関連記事

パソコン用スイッチインターフェース自作2.コントローラーを使う。

パソコンにスイッチをつなげるための機器、スイッチインターフェース。 スイッチインターフェースは障害者のIT支援の現場においてなくてはならない機器のひとつです。 スイッチインターフェースとして有名なもの …

障害者のIT支援で知っておきたいこと~パソコン編~

特別支援教育や障害者療育において、パソコンやタブレットなどIT機器を使う機会は増えています。 しかしながらそれなりの知識がないと支援ができない一方で、何を知ればいいのやら。 障害者のIT支援において知 …

障害者のパソコン設定に便利な「スタートアップ」機能

脳性麻痺や肢体不自由、そのほか何らかの障害がある場合、パソコンに特別な設定をし操作を補助することが多々あります。 パソコンンを設定する際は、障害を想定したソフトや設定を使うこともありますが、一般的なソ …

no image

できマウスとは?

「できマウス。」 ※正式には「。」がつくようです。 障害者のIT支援において、もはや必修科目と言っても過言ではない機器です。 できマウスはパソコンに接続する機械です。 パソコンは一般的にマウスとキーボ …

パソコンとスイッチでランダムに音を出す ~重症心身障害児療育~

重症心身障害児者など身体動作に不自由さがある方の支援において、 自分の体を動かすことで外界の状況が変化するという経験を積極的に取り入れることは大切です。 私達は普段何気なく行っている立つ・歩く・物を持 …