人間関係の教科書

【教訓】ムダ毛を処理する

投稿日:2018-09-18 更新日: 2018-09-18

学校で改まって教えられないけれど、生きていく上で必要な人生の教訓を。
 
 

 
 
 

1. ムダ毛を処理する

身なりを整えることは大切です。
清潔感のある恰好は、気持ちが良いし周囲に好感も与えます。

整容の1つに、ムダ毛の処理があります。

ムダ毛とは、人前ではきれいに整えておく、あるいはなくしておく毛のことです。

身体の毛のどれがムダ毛で、どのように処理するかは国や文化、性別によって異なります。

また、同じ文化圏でも、ムダ毛を処理すべきかどうかは人によって意見が分かれます。

いずれにせよ、
何がムダ毛で、どのように処理しておくことが一般的なのかは知っておいて損はないです。
 
 
 

2. 女性の場合

日本の場合、男性よりも女性の方がムダ毛とされる部位は多いです。

これは女性のほうがムダ毛が生えるという意味ではなく、現状、日本がそういう文化園であるということです。

脇や腕、脚の毛は男性はそのままのことが多いですが、女性の場合は処理する対象になることが多いです。

女性の場合、髪の毛・眉毛・まつ毛以外の体毛はほとんどがムダ毛の対象になることが多いです。
 
 
ムダ毛の濃さは、個人差があります。

処理をしなくても、薄くてあまりわからない人もいます。

だからムダ毛の処理の程度や頻度は個人差があります。

一般に、冬や寒い時期は肌の露出が少なくなるので、人前で肌を見せる機会が減り、ムダ毛の処理をあまりしなくなったりもします。

逆に夏は薄着になったり水着になったりするので、ムダ毛の処理に気を遣う人が増えます。
 
 
 

3. 男性の場合

男性の場合、女性よりもムダ毛の対象となる部位は少ないです。

男性の場合、最も多くの人が処理しているムダ毛といえば髭でしょう。

おしゃれで髭を伸ばしている人もいますが、髭をおしゃれに見せるのはなかなか上級のおしゃれテクニックです。

だから髭は剃っておいた方が無難で、清潔感も出しやすいです。

髭の生え方にも個人差がありますが、
多くの人は髭を毎日に剃ります。

T字のカミソリで剃る人もいれば、電気シェーバーで剃る人もいます。
 
 
男性で脇や手や足の毛を処理する人は少ないです。

しかし、近年の文化背景では、処理する人も少なからずいます。

完全に剃るのではなく、薄くしたり、茶色に染めてわかりにくくしたりする人もいます。

いずれにせよ、
男性で脇や手や足の毛を処理する人はいないこともないですが少数派で、処理していなくても変ではありません。
 
 
 

4. 男女共通のムダ毛

男性女性共通のムダ毛に、鼻毛があります。

一般的に、鼻毛が人前で出ていると恥ずかしいです。

鼻毛が出ていて恥ずかしいのは男女共通で、だから鼻毛はこまめに処理したいです。

鼻毛はハサミで切る人もいれば、専用のシェーバーで処理する人もいます。

鼻毛は鼻の中にあるので、普通のハサミでは切りにくく、怪我をしやすいです。

鼻毛を処理するときは、先が丸くなった専用のハサミを使うと便利です。
 
 
 

5. その他の記事

【会話術】なぜ相槌は相手の言葉を繰り返すほうがいいの?

人に物を貸すときに気をつけること、貸してはいけない物

【暗黙のルール辞典】人前でしてはいけない癖や整容

清潔かどうかではなく相手が清潔と感じるかどうかが重要

-人間関係の教科書