Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

Q&A 育児・教育コラム

「大きい」「小さい」がわかるのは何歳?~小児発達学より~

投稿日:2018-09-11 更新日: 2018-09-11

 
 

 
 
 

1. 大小概念がわかるのは何歳頃?

「大きい」「小さい」という大小概念。

大小概念がわかるのは何歳頃からなのでしょう?

大小概念がわかるのは2歳6カ月頃からです。

もちろん個人差はありますが。

以下、もう少し詳しく
 
 
 

2. 表出言語と理解言語

子供は1歳前後くらいか、「ママ」「パパ」といった言葉を話はじめます。

ここで言う言葉とは、本人が意味をわかっていて使う言葉です。

つまり、意味がある言葉ですね。
その人が意味がわかっていて使う言葉を有意味語と言います。

有意味語が出始めるのは1歳頃です。
 
 
言葉には、話せる言葉と聞いてわかる言葉があると思います。

例えば私達も、書ける漢字と読める漢字の数は必ずしも一致しないでしょう。

読めるけど書けない漢字は多いものです。

子供の言葉の発達も同じで、
わかるから話せる、話せるからわかるかといえば必ずしもそうではない。

話せる言葉は表出言語
わかる言葉は理解言語

言葉を話はじめる1歳頃から、子供の表出言語と理解言語は目に見えて増加していきます。
 
 
 

3. 大小概念の理解

増えていく言葉はもちろん名詞だけではありません。

様々な動詞・形容詞も増えていきます。

言葉の発達において、比較的初期に理解できるようになる形容詞の1つに大小概念があります。

子供の発達の目安になる、遠城寺式乳幼児分析的発達検査によると、

大小概念がわかるのは2歳3カ月頃から2歳6カ月頃とされています。
 
 
ちなみにここで言う、「大小概念がわかる」とは、

例えば同じ絵で大きさだけ違う絵を見せて、「大きいのはどっち?」と聞いて指をさしたり答えたりできるかです。

あくまで概念が身についているかであって、必ずしも「大きい」「小さい」と声で言える必要はありません。

先ほどの話でいくと、
「大小概念がわかるのは2歳6カ月頃」というのは理解言語における目安なわけです。
 
 
 

4. まとめ

「大きい」「小さい」といったイメージと、言葉の意味。

大小概念がわかってくるのは2歳6カ月頃です。

しかしながら、子供の発達には個人差があります。

あくまで目安程度に。

そのお子さん自身のペースをみてあげることが大切です。
 
 
 

5. その他の記事

子供のが自転車に乗れるのは何歳くらいから?

思い出で幸せを感じるのは何歳から?

今日は何曜日かわかるのは何歳か?~小児発達学より~

子供が自分からありがとうを言えるのは何歳から?

-Q&A, 育児・教育コラム

関連記事

子供が食事を残したり、落ちつかないのはどうすればいい?

食育という言葉がある通り、毎日の食事の時間も子供にとっては成長と学びの場です。 食事は「習慣を作ること」を念頭に取り組んでいきます。     【目次】 1. 小分けにつぐ 2. 完 …

【Q&A】色の名前がわかるのは何歳ですか?

Question 色の名前がわかるのは何歳ですか?     Answer 3~4歳頃です。       色と色の名前が結びつく   色を理解 …

休日に子供と何をしよう?~6歳の発達チェックリスト~

6歳児と休日にどんな遊びをしましょう?     【目次】 1. 発達の最近接領域 2. 6歳児の発達チェックリスト 3. 6歳児との遊び 4. まとめ 5. その他の記事 &nbs …

子供が自分からありがとうを言えるのは何歳から?

適した場面で子供が自ら「ありがとう」を言ってくれると親としては嬉しいものです。 自分から「ありがとう」って、何歳から言えるのでしょう?     【目次】 1. 「ありがとう」は何歳 …

小学生は11時間。年齢別「必要な睡眠時間」

子育てや教育にとって基礎であり絶対に欠かせなもののひとつに睡眠があります。 今日は子供の睡眠について考えていきます。       子供にとっての睡眠   まず私 …