Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

Q&A 育児・教育コラム

「大きい」「小さい」がわかるのは何歳?~小児発達学より~

投稿日:2018-09-11 更新日: 2018-09-11

 
 

 
 
 

1. 大小概念がわかるのは何歳頃?

「大きい」「小さい」という大小概念。

大小概念がわかるのは何歳頃からなのでしょう?

大小概念がわかるのは2歳6カ月頃からです。

もちろん個人差はありますが。

以下、もう少し詳しく
 
 
 

2. 表出言語と理解言語

子供は1歳前後くらいか、「ママ」「パパ」といった言葉を話はじめます。

ここで言う言葉とは、本人が意味をわかっていて使う言葉です。

つまり、意味がある言葉ですね。
その人が意味がわかっていて使う言葉を有意味語と言います。

有意味語が出始めるのは1歳頃です。
 
 
言葉には、話せる言葉と聞いてわかる言葉があると思います。

例えば私達も、書ける漢字と読める漢字の数は必ずしも一致しないでしょう。

読めるけど書けない漢字は多いものです。

子供の言葉の発達も同じで、
わかるから話せる、話せるからわかるかといえば必ずしもそうではない。

話せる言葉は表出言語
わかる言葉は理解言語

言葉を話はじめる1歳頃から、子供の表出言語と理解言語は目に見えて増加していきます。
 
 
 

3. 大小概念の理解

増えていく言葉はもちろん名詞だけではありません。

様々な動詞・形容詞も増えていきます。

言葉の発達において、比較的初期に理解できるようになる形容詞の1つに大小概念があります。

子供の発達の目安になる、遠城寺式乳幼児分析的発達検査によると、

大小概念がわかるのは2歳3カ月頃から2歳6カ月頃とされています。
 
 
ちなみにここで言う、「大小概念がわかる」とは、

例えば同じ絵で大きさだけ違う絵を見せて、「大きいのはどっち?」と聞いて指をさしたり答えたりできるかです。

あくまで概念が身についているかであって、必ずしも「大きい」「小さい」と声で言える必要はありません。

先ほどの話でいくと、
「大小概念がわかるのは2歳6カ月頃」というのは理解言語における目安なわけです。
 
 
 

4. まとめ

「大きい」「小さい」といったイメージと、言葉の意味。

大小概念がわかってくるのは2歳6カ月頃です。

しかしながら、子供の発達には個人差があります。

あくまで目安程度に。

そのお子さん自身のペースをみてあげることが大切です。
 
 
 

5. その他の記事

子供のが自転車に乗れるのは何歳くらいから?

思い出で幸せを感じるのは何歳から?

今日は何曜日かわかるのは何歳か?~小児発達学より~

子供が自分からありがとうを言えるのは何歳から?

-Q&A, 育児・教育コラム

関連記事

「ワンワン」などの幼児語を言わなくなるのは何歳頃か?

小さいお子さんの「ワンワン」「ブーブー」といった幼児語はかわいらしいですよね。 幼児語は何歳くらいで卒業するのでしょうか? 幼児語は一般的に6歳半ば以降からほとんど見られなくなると言われています。 & …

「いただきます」や「ごちそうさま」は何歳で言えるようになるのか?

食事の際のあいさつである「いただきます」や「ごちそうさま」。 日本特有の文化であるこれらの言葉ですが、子供は何歳くらいで「いただきます」「ごちそうさま」を言えるようになるのでしょうか? ここでの「いた …

子供の言葉の遅れはどのくらいまでが許容範囲なのか?

    【目次】 1. どのくらいが「言葉の遅れ」? 2. 言語発達遅滞とは? 3. 言語発達遅滞の目安 4. まとめ 5. その他の記事 6. 参考資料   &nbsp …

「子育てあるある」を子供の発達から考察する~2歳頃~

子育てをしていると、「あー、うちの子もあるある」といった類いのことがけっこうあります。 子供の「あるあるネタ」については、笑っちゃうものから感心するものまで様々です。 子供の「あるあるネタ」は子供の成 …

早口言葉が言えるようになるのは何歳か?

早口言葉で遊べるのはおおむね7歳前後です。     【目次】 1. 早口言葉 2. 早口言葉は何歳? 3. 発音ができる時期 4. 文章の暗記と復唱ができる時期 5. まとめ 6. …