Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

パソコン(IT支援)

スクリーンキーボードとJoyToKeyの相性が悪い場合の備忘録

投稿日:

Windows標準のスクリーンキーボードとJoyToKeyの相性が悪い場合があるので備忘録として書いておきます。
 
 
 

スクリーンキーボード

 
パソコン画面上にキーボードが出てきて、それをクリックすると文字が打てるソフトウェアキーボード

その中で、Windowsのパソコンに標準装備されているソフトウェアキーボードをスクリーンキーボードと言います。

スクリーンキーボードは「コンピューターの簡単操作」の画面から起動することができます。

あるいは、「Windowsマークのキー」を押しながら、「R」を押し、出てきた入力画面に「osk」と入力しEnterで起動することもできます。

関連記事:便利な「ファイル名を指定して実行」一覧
 
 
 

JoyToKey

 
JoyToKeyは障害者のIT支援現場では知らない人はいないくらい有名なソフトです。

パソコンにつなげたジョイスティックに様々な設定をすることができます。

補足記事:JoyToKeyとは?

身体障害、特に上肢障害をもつ方の場合、「ジョイスティックでマウスカーソルを動かし、ソフトウェアキーボードで文字入力をする」という方法にいきつくことが多いです。

すると自然と「JoyToKey」と「スクリーンキーボード」という選択肢がでてくるわけですが、状況によっては動作に不具合が出ることがあるようです。
 
 
 

具体的な不具合

 
具体的な不具合としては、スクリーンキーボードをジョイスティックで操作できないというものです。

JoyToKeyで設定したジョイスティックでは、スクリーンキーボードをクリックすることも動かすこともできません。

ただし、スクリーンキーボードを起動することはできます。
これはあくまでスクリーンキーボード自体の操作ができなだけで、起動の際のファイル操作はできるためです。

ですので起動はできても、スクリーンキーボードの「×」マークはクリックできないので閉じることもできません。
 
 
 

どうしたらよいものか・・・

 
今回の状況はJoyToKeyはVer4くらい。WindowsのOSは8くらい。

すべてのバージョンで確認したわけではないので、いろいろなバージョンで試したらうまくいく可能性もあります。

こちらでは細かく確認はできていないので、
同じ状況の方、参考にならずすみません。
 
 
 

苦肉の策として

 
ちなみにスクリーンキーボードにはキーをクリックしなくても、マウスカーソルを合わせるだけで入力ができるモードがあります。

こちらはJoyToKeyで設定したジョイスティックでも文字入力ができました。

しかし先述したとおり、キーボードを閉じたり動かしたりはできないので実用的ではないかもしれませんが。
 
 
 
関連記事:パソコン標準設定でできる、1スイッチスキャンで文字入力 ~スクリーンキーボード~

-パソコン(IT支援)

関連記事

no image

「まうすでできるミニ」~IT支援に使えるアプリ~

障害児者のIT支援において使えそうなアプリの紹介です。 今回はwindowsやmacなどパソコンのソフトです。       【まうすでできるミニ】 有料ソフト「まうすでで …

パソコン用スイッチインターフェース自作3.コントローラーを分解

障害者のITサポートにおいてパソコンを使う機会は度々あります。 脳性麻痺などによる重症心身障害や肢体不自由がある場合、パソコン操作にスイッチを活用することが多いです。 パソコンをスイッチで動かす場合、 …

パソコン用スイッチインターフェース自作方法まとめ

パソコン用スイッチインターフェースを自作する方法について、複数記事にて今まで紹介してきたのでそれらをまとめました。       【目次】 パソコン用スイッチインターフェー …

JoyToKeyとは? JoyToKeyの使い方

JoyToKeyについて書こうと思います。 JoyToKeyとはなんでしょう?       【JoyToKeyとは?】 Joy To Key(ジョイトゥーキー)と読みます …

重心のパソコン支援ならとりあえず「Hearty Ladder」という話

脳性麻痺などの疾患により身体および知的面に重篤な障害を呈す重症心身障害児者。 彼ら・彼女らの特別支援教育および療育に際してパソコンを活用することがしばしばあります。 これは重症心身障害児者に限ったこと …