Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

その他の社会スキル

大人になると結局いろいろ許される。良くも悪くも。

投稿日:2017-06-21 更新日: 2017-06-21

大人になると、周囲の空気や場の状況などにより、
間違っていても周りが指摘してくれなくなっていきます。

それはあなたに限ったことではありません。
世の中の大人みんな、自分の間違いを指摘されずに生きています。

だから、あなたの目の前でさも正しいことを言っているようなあの人も、実はどこか物事をちぐはぐに捉えているかもしれません。

あなたが正しいと思うあの人も、
あなたが反論できないあの人も、
あなたより目上のあの人も、
結局は間違いを犯すただの一人の人間なのです。

だからあなたは目の前の大人が絶対正しいと思わなくていいのです。
世の中にはいろいろな考え方があって、その人が言っていることは社会の常識ではなくてその人個人の考えなのです。
あなたは誰かを盲目的に信じる必要はありません。
 
 
 

学ぶ機会・指摘される機会

 
私達は、子供の頃はずっと「教えられる立場」でした。
それがいつしか大人になり、教えられる機会が減っていきます。

けれど言わずもがな、
人生は学びの連続であり学ばなくてよくなる時期はありません。

人は大人になるにつれて、学んだり教えられたりする機会が減っていきます。

周りが指摘してくれなくなります。
言動が容認されるようになります。
それは気楽なことではあります。

しかし同時に危険なことです。

「自分が正しい」という感覚は、
自分の自信につながりますが一方で傲慢さにもつながります。

それは他人についても言えます。
相手が正しく見えても、それは傲慢なだけかもしれません。

あなたはあなたの考えをしっかり持った上で人の話を聞くことが大切です。
自分の考えを持たないのも好ましくありませんし、
人の話を聞かないのもよくないでしょう。
バランスが大切です。
 
 
 

大人になると結局いろいろ許される

 
大人になると、
結局いろいろなことが許されるようになります。

でもそれは許されるというより、指摘されなくなることに近いかもしれません。

いずれにせよ、あなたの言動は直接的には指摘される機会は減ります。
だから気楽に構えていいのです。
一方で、自分の言動を自分で振り返らないといけなくなります。

そして、相手も間違いを犯す人間なんだと頭に入れておくことです。

世の中には人に迷惑をかける大人がいます。
そういう人達は割と口が達者で人を言いくるめるのが上手だったりします。
そういう人達は、周りから誤りを指摘されずに生きてきたのです。

あなたはそういう人達の言葉をそのまま信じてはいけません。

-その他の社会スキル

関連記事

【SST】飲み会や食事の場所はどのように決めたらいいのか?

社会で円滑に生きていくためには知的機能や身体的能力だけでなく社会性が必要です。 暗黙のルールを知る、空気を読む、人の気持ちを察する etc… これらはソーシャルスキルと呼ばれます。 ソーシ …

スキンシップ(相手の体に触れる)の話

人と触れ合うことをスキンシップと言ったりしますね。 大人になって働きだして、どこかの会社に勤める。 社会人においてもスキンシップは大切ですが、安易にやると「セクハラ」になったり場違いな感じになったりし …

【距離感】相手との距離感を変えないときはどんなときか?

男女の関係だけでなく、 あらゆる人間関係は距離感で違ってきます。 良好な人間関係を築くことは、良好な距離感をとることでもあります。 川北義則氏の「人との距離感がわかる人、わかっていない人」を参考に、人 …

【SST】冗談を本気にする人、本人は冗談のつもりでも周りには冗談になっていないこと

発達障害の傾向がある方やコミュニケーションが苦手な人にとって冗談をうまく理解することは課題の一つです。 冗談はコミュニケーションを円滑にしてくれる反面、使い方を間違うとコミュニケーションを阻害します。 …

外食のときに気をつけること

職場の同僚や複数の友人と外食をする際に気をつけること。 空気を乱さないために心がけることをまとめます。       メニューを見て決めるまで   他の人が注文す …