その他の社会スキル

無難な大人のためのソーシャルスキル

投稿日:2017-08-04 更新日: 2017-12-21

「無難」いうと場合によっては「特徴がない」といったネガティブな印象を持つ場合もありますが、場に溶け込めるというのは大切な能力です。

必要があればいつでもその場に溶け込めるというのは人とのコミュニケーションにおいて大きな武器になります。

場に溶け込める、いつでも無難な人間関係を築けるソーシャルスキルについて考えます。
 
 
 

笑顔でいる

 
いつも穏やかで笑顔でいることは習慣化していないと難しいものです。

人間、感情がついつい顔に出るものです。

疲れているとき、イライラしているとき。
関係がない人にまでその感情を表情に出してしまうと相手は気を遣ってしまうものです。

真面目な話、怒った話、悲しい話など
相手が真剣な話をしているとき以外はニコニコでいることが大事です。
 
 
 

あわてない、落ちついて歩く

 
人は感情が歩き方に出るものです。

いつも落ちついて、姿勢良く歩けるように心がけましょう。
意外と自分が気づけていないところで人に見られているものです。
 
 
 

話題の流れは相手に合わせる

 
人間、聞くより話すことが好きなものです。
そして人には必ず話したい話題があるものです。

良い聞き手になることが大切です。
良い聞き手は相手の話したい話題を察知します。

話題を勝手に変えていはいけません。

相手が話したい話題を話し、それを聞く。
話が進んでいく中で、相手が自然と話を派生させて別の話題に移っていくのがベストです。

あなたが話題を急に変えたりしてはいけません。

関連記事:良い「聞き手」に必須な「7つの相槌」
 
 
 

相手の語彙で話す

 
相手「この前すごく嫌なことがあって」
あなた「そっかあ、嫌なことがあったんだ」

話を聞くときは相手の言葉を繰り返すような形で聞くと、相手は聞いてもらったという満足感を得やすいです。

相手の言葉を繰り返したり、相手の語彙を使って話すことが大切です。
相手が知らない言葉、違和感を与える表現は円滑な会話を阻害します。
 
 
 

テンションを合わせる

 
声の大きさ、身ぶりの大きさ、テンションをその場に合わせることは重要です。

一人だけテンションが高すぎたり低すぎたりすると違和感があります。
 
 
 

会話の潤滑剤を持つ

 
「今日はいい天気ですね」といった一見意味のなさそうな会話もコミュニケーションには大切です。

特に話すことがなくても、沈黙よりは何か話している方が場は和みます。

関連記事:意味のない言葉・会話もコミュニケーションには大切
 
 
 

足るを知る

 
沈黙よりは何か話している方が場は和みます。

しかし例外が一つ。
当然ですが、相手が話したくないときにダラダラ話すべきではありません。

足るを知ることが重要です。

もっと詳しく:空気を読むための「足るを知るコミュニケーション」
 
 
 
 
 
 
その他の記事
 
発達障害者に役立つ人間関係のルール

ソーシャルスキルを支える10個のスキル

自分を犠牲にし相手に合わせることがソーシャルスキルじゃない

-その他の社会スキル