Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

対象年齢考察

ポケモン(ゲーム)の対象年齢は何歳か小児発達学から考察する

投稿日:2018-01-11 更新日: 2018-01-27

ポケットモンスター。縮めて、「ポケモン」

今や日本で知らない人はいないくらい有名なゲームですね。
ゲームに始まりアニメ化・映画化・カードゲームや様々なグッズがあります。

ポケモンの対象年齢って何歳なのでしょう?

今日はポケモンの対象年齢を子供の発達の側面から考えていきます。
 
 
 

どのコンテンツ?

 
先述した通り、「ポケモン」にはゲームやアニメ、映画にカードゲーム、その他いろいろなコンテンツがあります。

この中でポケモンの始まりであるテレビゲームの対象年齢について考えます。
とは言っても、ポケモンのゲームだけとってもいろいろ種類があるんですよね。

今回は、ウルトラサン・ウルトラムーンをはじめとるする、
最も基本となるRPGのポケモンシリーズの対象年齢を考えたいと思います。
 
 
 

公式の対象年齢

 
まずは公式に発表されている対象年齢の確認です。

テレビゲームには共通で対象年齢を表記する決まりがあります。
「CEROレーティングマーク」と呼ばれ、ゲーム箱に記載されていたりします。

ということで、「CEROレーティングマーク」がゲームの公式となる対象年齢になるわけです。

ポケモンのCEROは「A」。つまり全年齢対象。

製作者側としては子供から大人まで楽しめるゲームと意図しているということです。
 
 
 

ポケモン、何歳から?

 
「全年齢と言いつつも、実際は何歳くらいから遊べるのか?」
この点について考えていきたいと思います。

0歳の赤ちゃんがポケモンのテレビゲームをできないことは予想がつきますね。

ではポケモンのゲーム性を理解してそれなりに遊べるのは何歳頃からなのでしょう?
 
 
 

RPGは文字が出てくる

 
前提として、ポケモンはRPGゲームです。

RPGということは、ロールプレイングゲーム。
RPGをするなら文字が読めないとプレイするのはきついです。

ポケモンをプレイする場合、平仮名と片仮名が読めることが必要です。

平仮名をおおよそ読んで理解できるようになるのは6歳前後です。
片仮名は平仮名と並行して、あるいは平仮名習得のあと比較的直後に習得します。

このように考えると、
ポケモンのストーリーを読みとりながらゲームをするには6歳以降の能力が必要であることがまずわかります。
 
 
 

ポケモンの属性

 
ポケモンの重要なゲーム性のひとつに、各ポケモンの属性があります。

例えば水で火は消えます。
なので水のポケモンは火のポケモンに対して強い。

一方で、火は草木にとって危険です。
なので火のポケモンは草のポケモンに強い。

さらに、草木は水によって成長します。
なので草のポケモンは水のポケモンに強い。

どのポケモンが一番強いというわけではなく、
それぞれのポケモンには相性があり強さが相対的に変わります。

これに似た、最も基本となる遊びがありますね。
そう、じゃんけんです。

じゃんけんの「グー」「チョキ」「パー」は相対的に強さが変わります。
じゃんけんを行うためにはこの関係性を理解する必要があります。

じゃんけんのルールが理解できるのは5歳以降とされています。

ポケモンの属性は何種類もあり、ルールの理解は当然ながらじゃんけんより困難です。
そう考えると、少なくとも5歳以上の認知力がポケモンのプレイには求められそうです。
 
 
 

日をまたぐ計画性

 
ポケモンは1度でクリアーできるゲームではありません。
切りのよいところでセーブして、数日・数か月かけてクリアーしていくゲームです。

ポケモンをプレイするためには日をまたいで作業を継続する記憶力と認知力が必要です。

前日までの続きから作業に取りかかる姿勢は4~5歳頃に見られます。

このように考えると、ポケモンをプレイするためには最低でも5歳前後の計画性が必要であることがわかります。
 
 
 

まとめ

 
以上のことから、
ポケモンの対象年齢は6歳以降と推測できます。
もちろん子供の成長には個人差があるのであくまで目安ですが。

ポケモンは全年齢対象ですが、
保育園の年長さんあるいは小学校1年生以降のほうがポケモンのゲーム性を理解し有意義にプレイできるでしょう。

テレビゲームというのは娯楽性が強いイメージがありますが、
それなりに戦略性や計画性が鍛えられる遊びでもあります。

適した時期に適した方法・適した時間でプレイすれば、子供の成長につながる場合もあるでしょう。
 
 
 
 
 
 
その他の記事
 
アンパンマンの対象年齢は何歳か子供の発達から考察する

プリキュアの対象年齢は何歳か子供の発達から考察する

子供と映画は何歳から?~映画デビューの年齢~

-対象年齢考察

関連記事

アンパンマンの対象年齢は何歳か子供の発達から考察する

子供に大人気のアンパンマン。 ほとんどのお子さんがアンパンマンに夢中になる時期を通るといっても過言ではありません。 しかしその一方で、 アンパンマンに夢中になったかと思うと数年後には「仮面ライダー」や …

生卵は何歳から?~子供の発達と食品の安全性から考察する~

卵ご飯っておいしいですよね。すき焼きのときに生卵があると格別ですよね。 子供に生卵って、何歳から食べさせていいのでしょう?     【目次】 1. 生卵は何歳から? 2. 生卵によ …

テレビは何歳から何時間くらい見せていいのか?

テレビを見せたり、タブレットで動画を見せたり。 コンテンツの視聴は子供が楽しみつつ、親の手も空きますよね。 ちょっと家事に集中したい。今は手を離せない。 そんなときに助かるテレビやネット。 でも見せ過 …

チョコレートは何歳から食べさせていいのか?の科学的根拠

大人が食べていたら、「ぼくも」「わたしも」と食べたがるのが子供というものですよね。 それが野菜や健康的な食品ならかまわないですが、嗜好品ならどうでしょう? 例えばみんな大好きチョコレート。 チョコレー …

トーマスの対象年齢は何歳か子供の発達から考察する

きかんしゃトーマスと言えば子供達に大人気ンキャラクターの1つですね。 ところでこのトーマス、対象年齢って何歳くらいなのでしょう? 何歳頃にハマって、何歳頃に「子供っぽい」って卒業するのでしょう? 今日 …