Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

人間関係の教科書

【教訓】みんなでポテトチップスを食べるとき

投稿日:2017-12-09 更新日: 2017-12-12

ポテトチップスなどのスナック菓子は、
個包装されず袋に入っていることがほとんどです。

そのため複数名で食べるときは、
一つの袋からみんなで食べることになります。

みんなでポテトチップスを食べるとき、
袋を大きく開けて皿の代わりにすることがあります。

ティッシュやキッチンペーパーをテーブルに敷いてそこにポテトチップスを出す場合もあります。
あるいは、実際に皿を持ってきて、皿にポテトチップスを入れる場合もあります。

袋を大きく開けたり皿やティッシュを使うことで、みんなポテトチップスを手に取りやすくなります。

もちろん、袋から直接みんなでポテトチップスを取る場合もあるでしょう。

複数名で一つの袋からポテトチップスを取るときは、
自分の手が自分が取ろうと思ったポテトチップス以外のポテトチップスに触れないように気をつけます。

食べ物は、口に入れるまではできるだけ人の体に触れない方が清潔です。

自分が取るポテトチップス以外のポテトチップスに触れないようにすることで、みんなが衛生的にポテトチップスを食べることができます。
 
 
 

食べるときや、食べている途中

 
ポテトチップスは、じゃがいもを油で揚げたものです。
そのためポテトチップスには油が付いています。
故にポテトチップスを触ると手に油がつきます。

油がついた手で物を触ると、物がべたついたり油のシミがついたりします。

ポテトチップスを食べた後は、ティッシュで手を拭くと清潔です。

みんなでポテトチップスを食べているときは、こまめに手を洗う機会がないかもしれません。

そういうときは、ティッシュで軽く指を拭くようにすると、
うっかり人や物を触ってしまって油がつくことを防げます。
 
 
 

みんなに分けるとき

 
みんなでポテトチップスを分けるときがあるかもしれません。
ティッシュやキッチンペーパーの上に一人分のポテトチップスを分けていく。

ポテトチップスを分けるときは、袋を傾けて中身を出します。
自分の手が触れないようにするためです。

同じ理由で、
ポテトチップスを人に渡すときは、「はい」と袋の空いている部分を相手に近づけます。
相手に直接取ってもらうのです。

自分の手でポテトチップスを取って相手に渡すと、相手が食べるものなのに自分の手が触れてしまいます。

その人が食べるものはその人のみが触れた方が衛生的です。
 
 
 
その他の記事
 
ボールを拾わなかった子のお話

【SST】漫画、アニメ、小説、ドラマの言動を現実でやると不自然である。

大人の発達障害の処世術

-人間関係の教科書

関連記事

【ソーシャルスキル】プレゼントをもらう

誕生日やお祝い事や何かの折に、プレゼントをもらうことがあります。 プレゼントをもらうことは嬉しいものです。     【目次】 1. 気持ちが嬉しい 2. プレゼントの中身は相手との …

【教訓】ムダ毛を処理する

学校で改まって教えられないけれど、生きていく上で必要な人生の教訓を。     【目次】 1. ムダ毛を処理する 2. 女性の場合 3. 男性の場合 4. 男女共通のムダ毛 5. そ …

【教訓】動物がみんな好きなわけじゃない

私と、相手と、動物と、これら三者の関係について。     【目次】 1. 動物が好きな人も嫌いな人もいる 2. 私の好き嫌いと相手の好き嫌い 3. 私と相手と動物と接し方 4. ま …

【教訓】趣味がないのは悪いこと?

趣味がないのは悪いことなのでしょうか?     【目次】 1. 趣味とは? 2. 自分の好きなこと 3. 習慣は心を落ち着ける 4. まとめ 5. その他の記事   &n …

大人のソーシャルスキルに役立つ教訓たち

ソーシャルスキルとは社会生活や人間関係を良好に築いていくための能力のことです。 アスペルガー症候群や発達障害を持つ人にとってはこのソーシャルスキルを気づき理解することが難しい場合があります。 大人にな …