Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

Q&A 医療・福祉・療育コラム 育児・教育コラム

【Q&A】色の名前がわかるのは何歳ですか?

投稿日:2018-01-26 更新日: 2018-01-26

Question
色の名前がわかるのは何歳ですか?
 
 
Answer
3~4歳頃です。
 
 
 

色と色の名前が結びつく

 
色を理解するには2つの側面があります。

まずは色の認識。
例えば赤と青を見て違う色だということがわかる。

視覚的認識ですね。
これは比較的早期から身に着いていきます。

もう1つが色と色名の結び付きです。
赤い色を見て、「赤」と言葉でわかる。

色と色の名前が結びつくのはだいたい3歳頃からです。
 
 
 

赤・青・黄・緑の原色4つの名前の理解

 
子供の発達検査の1つに、遠城寺式乳幼児分析的発達検査というものがあります。

補足記事:遠城寺式乳幼児分析的発達検査とは?

これによると、
赤・青・黄・緑の原色4つの名前がわかるのは3歳相当であることがわかります。

ちなみにここで言う名前がわかるとは、必ずしも言えなくてもかまいません。
親御さんが「赤どれ?」と聞いて赤を指させるかということです。
 
 
 

色の順番

 
色は個人差がありますので、どれから覚えないとということはありません。

あくまで一般的ですが、やはり認識しやすい赤・青・黄・緑といった原色が覚えやすい傾向はあります。

3~4色程度が3歳頃からわかりはじめ、4歳頃には10色くらいレパートリーがでてくるでしょう。
 
 
 

おわりに

 
色の名前とは、なかなか抽象的な名詞です。
そのため個人差が出やすい言葉でもあります。

1色覚えたら急に他の色も覚えたというように、ペースも十人十色です。

覚えることを強要せず、ある程度はお子さんを見守ってあげましょう。
 
 
 
 
 
 
その他の記事
 
【Q&A】子供が左右をわかるのは何歳くらいですか?

【Q&A】「ぼく」「わたし」と言うのは何歳頃ですか?

【Q&A】タブレットで勉強させた方がいいですか?

【Q&A】子供は何歳くらいから字は書けるものですか?

-Q&A, 医療・福祉・療育コラム, 育児・教育コラム

関連記事

子供の紫外線対策~1日どのくらい日光に当たればいい?~

    【目次】 1. 子供も紫外線対策を 2. 本当に日焼けはしないほうがいいのか? 3. 日焼け対策しすぎることのデメリット 4. まとめ 5. その他の記事 6. 参考資料 …

子供の紫外線対策5か条~皮膚科医会の資料を基に~

「保育所・幼稚園での集団生活における紫外線対策に関する日本臨床皮膚科医会・日本小児皮膚科学会の統一見解」 「学校生活における紫外線対策に関する日本臨床皮膚科医会・日本小児皮膚科学会の統一見解」 という …

花火の種類別、幼児期に考えられる花火の事故の事例

国民生活センターや政府の情報を参考に、 花火の際に気をつけたい幼児期の事故の事例を考えます。 花火による火傷や怪我などの事故は、10歳未満の子供に多いと言われています。 花火もいろいろ種類があるので、 …

かけっこは何歳からできるようになるのか?

かっけこは何歳からできるのでしょう? 子供の遊びはいろいろありますが、それらができるようになるにはそれなりの年齢と心身の発達が必要です。 遊びの内容の変化の中で、子供の成長を感じることは多々あるもので …

統計的に優位な「しつけ」の仕方

神戸大学の西村和雄氏の論文、「基本的モラルと社会的成功」が興味深いです。 この論文は 4つの基本的なモラルを親から教育された子供はそうでない子供と比べて将来の所得が64万円多いという内容です。 子供の …