その他の対象年齢考察

リボン結びは何歳から?~靴紐やちょうちょ結びができる時期を小児発達学より~

投稿日:2018-12-24 更新日: 2018-12-24

 
 

 
 
 

リボン結びは何歳から?

リボン結びは何歳くらいからできるものなのでしょう?

「リボン結び」「蝶結び」「ちょうちょむすび」言い方はいろいろありますね。

学校あるいは保育園・幼稚園で、給食でエプロンをするときにリボン結びが必要になったりします。

リボン結びができると、靴ひもを結ぶこともできそうですね。

発達の個人差と練習量にもよりますが、
リボン結びは7歳くらいからできはじめます。

以下、もう少し詳しく。
 
 
 

「リボン結び」の小児発達の背景

専門家が子供の発達の程度を見る際にしばしば使用する津守式乳幼児精神発達質問紙によると、

自分でリボン結びができるのは7歳相当の発達であることがわかります。

7歳というのは小学校1年生の時期に相当しますね。

リボン結びというのはざっくり言うと子供の発達において「手先の器用さ」に該当する分野ですね。

6~7歳という時期はずいぶんと手先も器用になっていく時期です。

鍵盤ハーモニカを弾いたり、折り紙で鶴を折ったり。

好きな子ならプラモデルも作り始めていい時期です。
 
 
 

「リボン結び」ができるようになるには?

一方で、7歳前後になってもリボン結びが苦手なお子さんもいるでしょう。

子供の成長には個人差がありますから、急かす必要はありません。
あくまでお子さん自身のペースをみてあげるのが大切です。

リボン結びの練習にあたっては、よく使われる方法は紐の両端の色がそれぞれ違う色の紐を使う方法です。

通常、紐は端から端まで同じ色ですね。
しかしこれではどの部分で輪っかができてどこの部分を通せばいいかわかりにくい。

例えば紐の中央から左側が青、右側が赤になっている紐があったとしましょう。

このような紐だと、いま自分がどのように紐をあつかっているかがわかりやすいです。

「左右で色が違う紐ってどこに売ってあるんですか?」

リボン結びの練習方法を聞くとこんなふうに思う親御さんもいるかもしれません。

左右で色が違う紐は確かになかなか売ってないですね。

でも、

2色の紐を結んで1本にすればOK。

特別な道具じゃなくても、ちょっとした工夫で子供の成長は促せますよ。
 
 
 

まとめ

リボン結びは何歳くらいからできるものなのでしょう?

発達の個人差と練習量にもよりますが、
リボン結びは7歳くらいからできはじめます。

6~7歳という時期はずいぶんと手先も器用になっていく時期です。

一方で、7歳前後になってもリボン結びが苦手なお子さんもいるでしょう。

リボン結びの練習にあたってよく使われる方法は、紐の両端の色がそれぞれ違う色の紐を使う方法です。

このとき使う紐は別に特別なものじゃなくて、2色の紐を結んで1本にすればOKです。

特別な道具じゃなくても、ちょっとした工夫で子供の成長は促せます。

一方で、誕生日や何かのお祝いに、子供のためになる物をプレゼントしたいという状況があるかもしれません。

そういったときならリボン結びに関するおもちゃもいいかもしれませんね。
 
 
 

その他の記事

うがいができるのは何歳?~小児発達学より~

子供がハサミを使えるのは何歳から?~小児発達学より~

テレビゲームは何歳から?1日何時間くらい?
 
 
 

参考資料

-その他の対象年齢考察