Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

摂食嚥下 検査

【検査】反復唾液飲みテスト(RSST)とは?

投稿日:2017-07-06 更新日: 2017-07-06

反復唾液飲みテストとは、摂食嚥下障害に関するスクリーニング検査です。

スクリーニング検査とは細かな検査を行う前に、検査・治療方針を決めるために行う簡易的な検査のことです。

反復唾液飲みテストはその頭文字をとってRSSTと言われることもあります。
また、「反復唾液嚥下テスト」と呼ばれることもあります。
 
 
 

方法

 
口の中を湿らせた状態で、唾液を嚥下(飲み込んで)してもらいます。
食べ物や飲み物が口に入っていない状態で、
唾液を呑み込んでもらうことを空嚥下と言います。

RSSTは、一定時間内に空嚥下を何回できるかを見る検査です。

患者さんに「できるだけ何回も、唾を飲み込んでください」などと教示します。
 
 
 

判定

 
RSSTの測定時間は30秒です。

30秒間で、空嚥下の回数が2回以下のときは異常と判定します。
 
 
 

ポイント

 
RSSTのポイントは検査の方法をしっかりと理解してもらうことがポイントです。

「できるだけ何回も、唾を飲み込む」というシンプルなルールですが、
失語症など言語理解に支障をきたす障害を合併している患者さんには注意が必要です。

また、重症心身障害児者で、知的機能が重度に障害されている場合、意図的に空嚥下をしてくれない場合があるのでその場合はRSSTの実施は困難となります。

-摂食嚥下, 検査

関連記事

嚥下における「相」と「期」とは? 摂食嚥下運動の過程の評価

人が物を食べたり飲んだりすることを摂食嚥下と言います。 摂食嚥下には段階があります。 平たく言うと噛む段階や飲み込む段階ですね。 これらをもう少し専門的に見ると、 摂食嚥下運動は「相」という考え方と「 …

【検査】構音検査とは?

構音とは「発音」や「滑舌」の医学用語にあたります。 発音を改善することは医療的にはリハビリに該当します。 特に発音が苦手なお子さんは構音の練習、つまり構音訓練を行うことがしばしばあります。 補足記事: …

アプガースコアとは?~小児科学の文献より~

    【目次】 ・アプガースコアとは? ・アプガースコアの採点方法 ・アプガースコアの意義 ・その他の記事 ・参考資料       アプガースコアと …

発達検査を実施する上での難易度の判断基準

子供の成長や状況を把握する発達検査。 発達検査は知能指数がわかる知能検査が最も有名ですが、 他にも細分化されいろいろあります。 運動発達の検査や手先の器用さ、視覚能力、言語能力、感覚の特徴。 いろいろ …

【検査】質問応答関係検査とは?

    【目次】 1. 質問応答関係検査とは? 2. 質問応答関係検査の内容 3. 質問応答関係検査からわかる言語発達 4. まとめ 5. その他の記事 6. 参考資料 &nbsp …