Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

スクリプト

発達障害における「スクリプト」とは?

投稿日:2017-10-19 更新日: 2017-10-19

スクリプト(script)とは一般的には台本や原稿といった意味の英単語です。

発達障害においては日常のルーティーンをわかりやすくするための対策としてしばしば使われます。
 
 
 

日常に溢れるルーティン

 
私達の生活は様々なルーティンで成り立っています。

例えばマクドナルドとファミレスでは料理の注文や会計の流れが異なります。

マクドナルドではレジで即座に食べる物を決めて先に会計をしないといけません。
ファミレスでは席に座ったあとにメニューを見ながら料理を決め、会計は食事のあと。

こういった流れはお店ごとに異なりますが、毎回毎回店員さんから説明を受けるわけではありません。

みんな習慣として知っていて、その場その場に合わせて行動をとっています。
 
 
 

ルーティンを読みとる

 
はじめて高級レストランに行ったり、
はじめてセルフのガソリンスタンドでガソリンを入れたり。

初めての場所というのは何かと戸惑ったり緊張したりします。

初めての場所に戸惑うのは、そこでどのようにふるまっていいかわからないからです。
ルーティンがわからないのです。

勘の良い人はその場その場のふるまいを瞬時に察します。
自分がどのように行動すればいいかわかります。

発達障害の人の場合、場のルーティンを読むことが苦手なことがあります。

一般的には、マクドナルドのルーティンがわかればモスバーガーでのルーティンは予想がつきます。

でもルーティンを読むとることが苦手な人の場合は、
マクドナルドに行っていてもモスバーガーが初めてだとモスバーガーのルーティンがわからず戸惑います。
 
 
 

ルーティンを読みとる

 
ルーティンを読みとることが苦手な人に、「場を見て自分でよく考えろ!」と言っても何も解決しません。
それは理にかなっていない根性論と一緒です。

ルーティンの読み取りが苦手な人の対策として、スクリプトを用意するというものがあります。
要するにすべきことや場の流れを台本のようにまとめるのです。

例えばマクドナルドの例であれば、

☑店内に入る
☑レジより少し遠いところから自分が食べたいものを決める
☑レジに並ぶ
☑順番がきたら注文する
☑会計をする
☑商品を受け取る
☑空いている席に着く
といった具合です。

このように視覚化、あるいは流れを明確にしていきます。

スクリプトは発達障害児者のSST(ソーシャルスキルトレーニング)の一環として用いられます。

しかしスクリプトは一般の人が物事に取り組む際の仕事術としても役立つ手法でしょう。
 
 
 
関連記事:発達障害者のための電話対応マナー ~電話をかけるとき~

関連記事:「おごる」「おごられる」「割り勘」どうしたらいい?

関連記事:言えばわかるのに、どうして言わないとわからないのか?

-スクリプト

関連記事

電話対応マナー ~電話を受けるとき~

会社での業務の一つに電話対応があります。 コミュニケーションが苦手なことと関連して、電話対応に苦手意識を持つ人も多いかもしれません。 今日は電話がかかってきたときの対応。 つまり電話を受けるときの対応 …

コーヒーの淹れ方~ADHDのための手順化家事~

ADHDやそのほか発達障害、並行作業や計画立てが苦手な人は日常の何気ない作業が難しい場合があります。 周りの人が当たり前のやっていることがうまくできない。 どうやったらいいのか説明を聞いてもいまいちわ …

セルフのガソリンスタンドでの給油の仕方

人件費の兼ね合いでセルフのガソリンスタンドが増えています。 慣れると日常ですが はじめてだと戸惑うセルフのガソリンスタンドでの給油の仕方をまとめます。       車を停 …

電話対応マナー ~電話をかけるとき~

会社での業務の一つに電話対応があります。 コミュニケーションが苦手なことと関連して、電話対応に苦手意識を持つ人も多いかもしれません。 今日は電話をかけるときの対応を見ていきます。   &nb …