Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

摂食嚥下 検査

【検査】パルスオキシメーターによる摂食嚥下スクリーニング

投稿日:2017-08-02 更新日: 2017-08-02

パルスオキシメーターによる摂食場面のモニターは、摂食嚥下障害に対するアプローチの一つです。

一般にはスクリーニングテストであるRSST水飲みテストと並行して行います。

関連記事:RSSTとは?

関連記事:水飲みテスト、改訂水飲みテストとは?
 
 
 

パルスオキシメーターとは?

 
パルスオキシメーターとは脈拍数と経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)をモニターするための医療機器です。

侵襲せずに、つまり体に針を刺したり切ったりすること無くSpO2を測ることができることが最大のメリットです。

パルスオキシメーターは形は様々あり、腕時計のような小型のものもあるので携帯しやすくベッドサイドでもSpO2を測定しやすいです。
 
 
 

経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)とは?

 
人間が生きていくためには酸素が必要です。
血液の流れは酸素を体中に運んでくれます。

つまり血液中に酸素がどれだけ含まれているかというのは人が生きていく上ですごく重要なわけです。

血液は、血液中の成分であるヘモグロビンが酸素と結合する形で酸素を運びます。

その人の体内の血液が運べる最大の酸素量を100%として、SpO2は今どのくらい血液中に酸素が含まれているかを表します。

ちなみにパルスオキシメーターのように侵襲的に酸素飽和度を測定した値をSpO2と言います。

採血のように直接血液から測定した酸素飽和度はSaO2と言ったりします。
 
 
 

SpO2の正常値

 
日本呼吸器学会によると、
SpO2の正常値は96%~99%とされています。

SpO2が90%未満の場合、呼吸不全の状態とされます。
 
 
 

摂食嚥下場面におけるSpO2

 
摂食嚥下場面においては、
・SpO2が90%以下
・初期値より1分間で平均3%低下

上記のいずれかで異常と考え摂食を中止します。
 
 
 

まとめ

 
スクリーニング検査および食事場面では、パルスオキシメーターなどで健康状態をモニターしながら行うとより安全です。

パルスオキシメーターだけでなく、頸部聴診なども摂食場面で並行して行われることが多い手技です。
 
 
 
 
 
 
【引用・参考サイト】
・『よくわかるパルスオキシメータ』2017年8月1日検索

-摂食嚥下, 検査

関連記事

【検査】水飲みテスト、改訂水飲みテストとは?

食べることや飲む込むことに障害があることを摂食嚥下障害と言います。 摂食嚥下障害はリハビリの対象となる障害ですが、 リハビリを行う上ではまず検査を行い障害状況を評価および把握します。 「水飲みテスト」 …

大島分類(横地分類)とは? 脳性麻痺や重症心身障害児の評価に便利

多様な症状がある脳性麻痺。 症状もその重症度も千差万別で、結局「人による」「状況による」といった曖昧な評価になりがちです。 特別支援教育やリハビリテーションの現場では大切なお子さんをおあずかりして療育 …

遠城寺式乳幼児分析的発達検査とは?

遠城寺式乳幼児分析的発達検査とは小児における発達検査のひとつです。 九州大学の遠城寺さんが作ったことからこの名前になっています。 1958年に作成され、その後に一度改定されてから現在に至ります。 改定 …

子供が食事を残したり、落ちつかないのはどうすればいい?

食育という言葉がある通り、毎日の食事の時間も子供にとっては成長と学びの場です。 食事は「習慣を作ること」を念頭に取り組んでいきます。     【目次】 1. 小分けにつぐ 2. 完 …

構音訓練に際して行う9つの評価項目

発音のことを医学的には構音(こうおん)と言います。 発音の改善のためのリハビリを構音訓練と言ったりします。 構音訓練を行う上では、練習すべき音はなんなのかという評価がまず大切です。 構音訓練に伴って行 …