人間関係の教科書

【教訓】仕事に行くときに体調が悪くなるなら

投稿日:2018-07-01 更新日: 2018-07-01

日曜日の夜。月曜日の朝。あるいは平日の朝起きた時など。
仕事に行く時間が近づいてくるに従って、体調が悪くなることがあるかもしれません。
 
 

 
 
 

1. 仕事がストレスになって体調を崩すことがある

仕事に行こうとするとき、仕事に行ったとき。
そういうときに頭痛がしたり、お腹が痛くなったり。
体調が悪くなることがあります。

寒いまま寝たわけでもないし、変な物を食べたわけでもない。
これといった理由もないのに、体調が悪い。

そうかと思えば、家に帰ってきたり、仕事を休んだり、休日だったりすると体調が良かったりします。

自分では自覚していないけれど、仕事がストレスになって体調を崩すことが人には多々あります。
 
 
 

2. 仕事でストレスがたまることがある

多くの人が、仕事中はプライベートとは違った行動をします。

プライベートとは違った言葉遣い。
プライベートとは違ったタイムスケジュール。
プライベートとは違った忙しさ。

また、仕事中は何かしら我慢することもあります。

感じの悪いお客さんへの対応。
本当は意見が合わない上司との会話。
価値観が合わな後輩への指導。
やりたくない残業や出張。

本来は、仕事も楽しくできればそれが望ましいですが、やっぱり時として自分の本意ではないことをすることになる場合もあります。

そんな感じで、仕事でストレスがたまることがあります。
 
 
 

3. 自分で自分のストレスに気づかないときがある

自分がストレスがたまっていることに、気づけないときがあります。

軽い頭痛や腹痛は、我慢して無理して、会社に行ってしまうことがあります。

大きな病気をする。日常生活に支障をきたす。病院へ行く。そういうときにはじめて「自分は仕事のストレスで体調を崩したんだな」と気づくことがあります。

けれど、大きなことになってから物事に対処するのは大変なことです。
それが健康に関わることならなおさらです。

仕事のストレスは、早めに解消したほうが望ましいです。
 
 
 

4. 仕事にとらわれない

仕事が原因でストレスをためて、それによって体調を崩すことがあります。

人生は仕事だけではありません。
だから仕事で体調を崩すことはできるだけ避けるようにします。

仕事でストレスをためないために、
言いたいことは言ったり、嫌なことは嫌ということを心がけます。

どうしても仕事のストレスが解決できず、健康に被害が出そうなら、仕事を変えることも考えてもいいかもしれません。

世の中にはたくさんの人がいて、たくさんの仕事があります。
それこそ星の数ほどです。

1つの会社、1つの人間関係でうまくやろうと我慢したり無理するより、自分に合った会社や人間関係をいろんなところで探す方が確率論としてうまくいくかもしれません。

そしてストレスに対処するためには、やっぱりストレスに気づけることが必要です。

だからふと立ち止まって、自分の心と向き合う時間を持つようにします。
 
 
 

5. その他の記事

【教訓】人の話を聞くときは適度に相手を見る

【教訓】笑顔でいることって?

【感情】悲しい気持ちとは?

-人間関係の教科書