Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

教訓

【教訓】仕事の電話をかける

投稿日:2018-01-16 更新日: 2018-01-16

生活の中で、電話をかけることがあります。
電話がかかってきて、電話をとることがあります。

普通の電話は、相手が見えません。
電話は、声だけで相手とコミュニケーションをとる手段です。
 
 
 

電話をかける

 
電話をするときは、相手が都合の良い時間にできるだけかけるようにします。
人は、忙しいときでも電話が鳴ると「何の要件かなあ」と気になってついつい出てしまうからです。

だから相手が電話を受けやすい時間に電話をかけてあげるようにします。
電話を受けやすいときなら、相手も落ちついて話すことができます。

仕事関係の電話なら、相手が仕事中にかけてあげるとスムーズです。
休みのときは、仕事をせずに休みたい気持ちの人が多いからです。
 
 
 

名前を名乗る

 
最近は携帯電話で電話をする人が多いです。
携帯電話の多くは、誰からかかってきたか画面に表示されます。

ですので昔と違って、
名前を名乗らなくても電話をしてきたのが誰かわかることが多いです。

しかしながら、
仕事の電話をするときは、自分の会社と自分の名前を名乗る人が多いです。

相手の電話に自分の名前が表示されていないかもしれないし、
きちんと自分を名乗るという礼儀正しさを示したいからです。

だから仕事で電話をするときは、自分の会社と名前を名乗るようにします。
「○○様のお電話でお間違いないでしょうか?」と自分がかけた相手が間違っていないか確認もするとより良いです。
 
 
 

相電話のそばにいても、電話に出れないことがある

 
電話をかけると、相手が出ないこともあります。
たまたま忙しかったのかもしれません。
電話に相手が出ないことは往々にしてあります。

電話のそばにいても、電話に出れないことがあります。

例えば車を運転しているのかもしれません。
例えば大事な会議中なのかもしれません。
例えば赤ちゃんを寝かしつけている途中なのかもしれません。

電話が鳴っていることを知っていても、電話に出れないときがあります。

電話を鳴らしても出ないときは、
電話のそばに相手がいないときも考えられますが、
電話に出たくても出れない状況である可能性もあります。

だから、ある程度電話を鳴らしても出なかったら、こちらから電話を切ることをします。

5~10回くらい電話を鳴らしても出なかったら、自分から電話を切ります。
 
 
 

かけ直す

 
電話をかけて相手がでなかったとき、かけ直すことがあります。
かけ直しても、また相手が出ないことがあります。

電話をかけ直すとき、同じ時間帯だと相手がまた出ない可能性が高いです。

かけ直すならどんな時間がいいか。
電話をしたい相手のことを、会社の他の人が知っていたら相談してみてもいいかもしれません。
「○○さんは△△時以降だとつながりやすいよ」と教えてくれたりします。
 
 
 
 
 
 
その他の記事
 
【教訓】人を助ける

【教訓】あいさつをすること

電話対応マナー ~電話をかけるとき~

-教訓

関連記事

【教訓】プライベートな電話をかける

友達や家族など、プライベートな電話をかけるときがあります。 メールやLINEなど、電話以外の連絡方法が豊富にある昨今ですが、やはり電話をかけることはあります。 普通の電話は、相手が見えません。 電話は …

人から物を借りるときに気をつけること

人と助け合えるというのはいいことです。 物を貸し借りできるというのは、助け合える人がいるということでもあります。 物の貸し借りはマナーを守れば互いを助け、人間関係を深めます。   &nbsp …

【会話術】なぜ相槌は相手の言葉を繰り返すほうがいいの?

人と会話をするときに、相手の言ったことを繰り返すとコミュニケーションがうまくいくことがあります。 なぜでしょう?     【目次】 1. 話が相手に届いているという手ごたえ感 2. …

【感情】怒るとは?怒りの気持ち

怒るとは、「腹が立つ」とか「気を荒立てる」といった意味です。 人はしばしば、怒ることがあります。 「怒る」ってどんな状態なのでしょう? 怒ると人は、攻撃的な状態になります。 攻撃的とは、暴力を振るとか …

友人の家に食事に行くときのマナー

友人の家で食事をすることがあります。 人の家で食事をすることは、お店で食事をするときとは違ったマナーや暗黙のルールがあります。 例えば料理が好きな友人がいて、友人が料理を準備してくれている。そこに自分 …