Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

その他の社会スキル 発達障害

ソーシャルストーリーとは?~作り方とそのルール~

投稿日:2017-12-06 更新日: 2018-09-07

「ソーシャル」も「ストーリー」も平易な語句ではありますね。

しかしながら発達障害の療育界隈において、

ソーシャルストーリーとはキャロル・グレイ氏が考案した発達障害児に対するソーシャルスキルの支援方法を指すことが多いです。

ソーシャルストーリーは世の中の暗黙のルールやコミュニケーションスキルを平易な文章・読み手の人格を肯定する文体で書いたものです。

ソーシャルストーリーの文章にはいくつかのルールがあります。

以下、みていきましょう。
 
 

 
 
 

①達成したことを賞賛する文章を5割以上

ソーシャルストーリーは「達成したことを賞賛する文章」を中心に構成されます。

つまり、
「できたことを褒めてもらえるような文章」が「できていないことを指摘するような文章」より多くないといけないのです。

これはソーシャルストーリーがその子の成長(できるようになったこと)の記録でもあるからです。
 
 
 

②導入部・主部・結論部での構成

ソーシャルストーリーは、導入部・主部・結論部で構成されます。

導入部は、話題の導入です。
例えば「あいさつ」に関するストーリーなら、
「人と人とが会うと、あいさつをすることがあります」
のような文章です。

主部は、そのストーリーの主な説明部分になります。
例えば「あいさつ」なら、
「知っている人に会ったら、相手を見て笑顔で『こんにちは』と言います」
などです。

結論部はストーリーの締めになります。
例えば「あいさつ」なら、
「あいさつをすると、相手も相手もあいさつをしてくれることが多いです」
 
 
 

③5W1H

ソーシャルストーリーは基本的には5W1Hに答える形式をとります。

5W1Hとは、「いつ」「どこで」「だれが」「なにを」「なぜ」「どのように」ということです。
 
 
 

④1人称あるいは3人称で書く

ソーシャルストーリーは1人称あるいは3人称で書きます。
2人称は命令系の文章になりやすいので避けます。

1人称とは「私は~」といった形で進む文体です。
3人称とは「人は~」といった俯瞰した形の文体です。
 
 
 

⑤前向きな表現

ソーシャルストーリーには前向きな表現を用います。

例えば「あいさつ」なら、
「知っている人と会ったら何も言わず素通りしてはいけません」ではなく、
「知っている人と会うと、普通『こんにちは』と言います」
といった感じです。
 
 
 

⑥事実文・見解文・協力文・指導文・肯定文・調整文

ソーシャルストーリーの文型には事実文・見解文・協力文・指導文・肯定文・調整文があります。
ソーシャルストーリーは事実文を必ず入れた後、適宜ほかの文型を1つあるいは複数入れます。

たとえば「あいさつ」なら、

事実文は事実を書きます。
「人は、知っている人同士が会うとあいさつをします」

見解文は知っていること・考えていること・感じていることなど
「多くの大人は、知っている人と会ったらあいさつをするよう心がけています」

協力文はそのソーシャルスキルに関して誰が何をサポートしてくれるか。
「先生は、あいさつの練習のときに私にあいさつのタイミングを教えてくれます」

指導文は具体的なソーシャルスキルの内容。
「私も知っている人に会ったらあいさつをしてみようと思います」
※「~します」など断言すると当事者にとって窮屈なので避けます。

肯定文は肯定します。
「あいさつをするときは笑顔であることが多いです。これは素敵なことです」

調整文はストーリーを参考に本人が書き加える部分です。
「学校で先生に会ったときは、あいさつをしようと思います」
 
 
 

⑦2倍以上

ソーシャルストーリーはあくまで本人を肯定的に書く文章です。

そのため、
指導文や調整文の合計より、事実文・見解文・協力文・肯定文の合計が2倍以上になるようにします。
 
 
 

⑧オーダーメイドのもの

発達障害の方は、言葉の裏の意味の理解が苦手な場合があります。
そのためソーシャルストーリーの文章は字義通りの表現を用います。

また、その人の理解力に合わせたオーダーメイドのものであるように努めます。

難しすぎると理解がたいへんですし、
簡単すぎると「馬鹿にされている」と感じてしまうからです。
 
 
 

⑨絵や写真を付け加えることもある

ソーシャルストーリーには絵や写真を付け加えることがあります。
これは視覚的な情報により理解を促すためです。

ただし、絵や写真によってその人の注意が本筋とはずれないように気をつけましょう。
 
 
 

⑩タイトルはルールを網羅

ソーシャルストーリーにおいてタイトルは重要です。
そのためソーシャルストーリーのタイトルは上記のソーシャルストーリーのルールを踏まえた内容にします。

まあ、考え方としては、上記を参考に「肯定的でわかりやすくてシンプルなもの」にしましょう。

例えば「あいさつ」なら「あいさつの仕方」などです。
「あいさつをしなさい」などではダメです。
 
 
 

おわりに

ソーシャルストーリーは発達障害を持つ方の社会技能をサポートするものです。

ソーシャルストーリーは本人の行動を非難したり、健常者の行動を無理強いしたり、「~しなければならない」と義務を提示する類いのものではありません。

ソーシャルストーリーを用いる際は、当事者をストーリーでコントロールしようとしてしまわないように気をつけましょう。
 
 
 

その他の記事

【教訓】人を助ける

【教訓】人の話を聞くときは適度に相手を見る

【教訓】世の中には、人に物を借りて、返さない人がいる

「湯飲みがたまってるね」の意図のお話

私服がスーツだったクラスメイトのお話
 
 
 

参考資料

キャロル・グレイ『お母さんと先生が書くソーシャルストーリー』クリエイツかもがわ、2006年

-その他の社会スキル, 発達障害

関連記事

名前?苗字? 相手の呼び方

人とのコミュニケーションにおいて相手の名前を呼ぶことは基本です。 人は自分の名前覚えてもらえると嬉しいものです。 同時に自分の名前を言ってもらえると親近感がわきます。 しかし名前の呼び方はいろいろあり …

空気を読むことと、個性を発揮すること

発達障害の療育の一つにSST(ソーシャルスキルトレーニング)があります。 ソーシャルスキルとは社会生活を円滑に送るための能力です。 内容にもよりますが、SSTは「空気を読むこと」と似ています。 補足記 …

アスペにとって「好きにしていいよ」が一番困る

アスペルガー症候群やそのほか発達障害、あるいは人とのコミュニケーションが苦手な人。 そういう人達にとって言葉の裏の意味読みとることはなかなか難しいです。       【な …

人に騙されないための教訓7選

世の中にはいろいろな人がいます。 世界中の人が心優しい人と思いたいですが、そうでない場合もあります。 人は状況により優しくもあれば冷酷でもあります。 常に善人や常に悪人ということはほとんどなく、人は極 …

【SST】漫画、アニメ、小説、ドラマの言動を現実でやると不自然である。

SST(ソーシャルスキルトレーニング)についてです。 自分がやりたくてやっている言動、あるいはなんとなくやっている言動が周囲から見ると不自然だったりすることがあります。     & …