構音

側音化構音の治療方法と構音訓練~子供の発音の治し方~

投稿日:2019-03-19 更新日: 2019-03-19


 
 

側音化構音の治療方法

側音化構音の構音訓練においては、

  • 呼気を正中から出すための口腔運動の獲得
  • 「い」およびイ列の音の正しい聞き取りと構音
  • 「い」およびイ列の音の正しい構音


が主な訓練内容となります。

側音化構音はイ列の音(い、き、し、ち、に・・・・)がうまく発音できない傾向があるので、イ列の音の練習および改善が主になってきます。

 
 
 

側音化構音とは?

一般的に、発音をする際は息が口の真ん中から出ます。

側音化構音は、横(左右いずれかあるいは両方の口角)から空気が漏れて、結果として音が歪んでしまう状態です。

側音化構音は自然治癒が最も難しい、つまり癖がつきやすく改善に時間を要する構音障害の1つです。

側音化構音はイ列の音に歪みが見られることが多いです。

歪む音は、多い順に挙げると
「り」「き」「ぎ」「し」「ち」「じ」
が多いです。

そのほか側音化構音については以下をご参照。

 
 
 

側音化構音の構音訓練

口腔運動

構音の基礎として、口腔運動を行います。

他の構音訓練と類似しますが、
舌の脱力が鍵となります。

舌を上下左右に動かしたり、平らに出すことができるようにしていきます。

 
 

「い」の音の獲得

先述の通り、側音化構音はイ列の音が歪みます。

ゆえに母音である「い」と正しく言えることは必須となります。

「い」の音の正しい聞き取りと構音を練習します。

単音、単語、短文と徐々にステップアップしていきます。

 
 

苦手な音の改善

「い」をマスターしてから他の音に移ります。

音の練習は1つずつ行います。

一般的には、簡単な順から

  • 「し」
  • 「じゃじゅじょ」
  • 「ち、ちゃちゅちょ」
  • 「き」
  • 「ぎ」
  • 「ひ」
  • その他に苦手な音
  • 「り」


となります。

それぞれ単音、単語、短文と徐々にステップアップしていきます。

併行して、耳での正しい聞き取りも練習します。

当然ながらすでに上手な音はとばしてかまいません。

また、お子さんの得意不得意によっては順序を入れ替えてもOKです。

 
 
 

その他の記事

 
 
 

参考資料

-構音