Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

構音

側音化構音とは?

投稿日:2017-11-13 更新日: 2017-11-13

通常の日本語の発音から見ると不自然な、なんとも表現しづらい音を異常構音と言います。

側音化構音は異常構音の一つです。

側音化構音は機能性構音障害の一つの症状としてしばしば見られます。

補足記事:機能性構音障害とは?
 
 
 

側音化構音

 
人は声を出すときに息が出ます。
発音の際、息は通常、口の中心から出ます。

構音の際、通常であれば呼気は正中から出るのです。

しかし発音の際に下顎や口唇が側方にずれると呼気が出る場所がずれてしまいます。

呼気が正中ではなく側方から出てしまい、音が歪んだ状態を「側音化構音」と言います。
 
 
 

口角から呼気が出る

 
側音化構音は側方から空気が漏れてしまう構音状態です。
側方からですので、口角から呼気が出ると考えていいでしょう。

側音化構音ではどちらか片方の口角から呼気が漏れる場合と両方の口角から漏れる場合があります。

いずれにせよ、側音化構音は正しい発音の妨げになる場合があります。
 
 
 

側音化構音の聴覚印象

 
側音化構音は特にイ列の音に多く見られます。
イ列、つまり「い、き、し、ち、に、ひ、み、り」などの音です。

側音化構音になると、「キ」や「ヒ」に近い歪んだ音になってしまいます。
 
 
 

側音化構音の改善

 
側音化構音の改善も、基本は構音訓練です。

正しい音を把握するための耳の訓練と、
正しい音を発音するための口の訓練を行います。

側音化構音は呼気が側方から漏れてしまう症状です。
そのため正しい「い」の発音や舌の脱力練習などを通して、呼気を正中から安定して出せるようにしていきます。
 
 
 
<その他の記事>

発声発語器官の名称 ~人はどうやって声を出すのか?~

音韻意識とは?
 
 
 
 
 
 
【参考文献】
本間慎治『改訂 機能性構音障害』建帛社、2007年

-構音

関連記事

「さしすせそ」(サ行)の発音練習(4)~「す」の文章練習~

子供の滑舌についてです。 日本語の発音において最も難しい音の一つであるサ行(さしすせそ)。 「さすせそ」と「し」で微妙に音声学の分類上異なります。 そのため構音訓練(発音練習の医学用語)においては 「 …

子供の発音は何歳まで様子を見て、何歳から練習させたほうがいいのか?

子供がしゃべり始めた頃。小さい頃の発音は稚拙でかわいらしいものです。 しかしながらそれが長く続いたり、周りの子と比べ始めると親としては不安な気持ちも出てくるでしょう。 「かめ(亀)」が「ため」になる。 …

子供の滑舌。「あいうえお」(母音)の発音の仕方

母音(あ・い・う・え・お)は日本語の基礎となる音です。 上手な発音のためには上手な母音の発音は欠かせません。 今日は母音の発音の仕方を見ていきましょう。       【人 …

「さしすせそ」(サ行)の発音練習(3)~「す」の単語練習~

前々回でサ行に必要な舌の動きと空気の出し方の練習をしました。 前回では「す」単発での練習を行いました。 前回の記事:「さしすせそ」(サ行)の発音練習(2) そして、より実践的な「す」の音の練習にうつっ …

子供の滑舌の練習は、ローマ字で考えるとわかりやすい。ローマ字日本語発音練習法

子供の稚拙な発音はかわいいものですが、それが長く続きすぎると心配になってくるのも親心でしょう。 子供は誰しも舌足らずな子供特有の発音の時期を経て、次第に日本語の音の出し方を学んでいきます。 そしてその …