Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

その他の社会スキル

【SST】声の大きさに気をつける

投稿日:2016-11-22 更新日: 2017-02-16

SST(ソーシャルスキルトレーニング)として声の大きさについて考えます。
人との会話では「適した声の大きさ」というものがあります。
大きければ良い、小さければ良いというわけではなくちょうど良い大きさがあるということです。

補足記事:SST(ソーシャルスキルトレーニング)とは?

「ちょうど良い大きさ」は場面によって変わります。
「このくらいの大きさ」がどこでもいつでも常に通用するということはありません。
 
 
 
【声の段階を分ける】
自分の声の大きさを調整する際、段階分けするとイメージしやすいです。

例えば「大・中・小」の三段階。
「1・2・3・4・5」と数字でもいいかもしれません。

子供の場合は「ゾウさんの声・ネコさんの声・アリさんの声」などにするとイメージしやすいです。
 
 
 
【場面にあてはめる】
普通の会話は「中」、図書館では「小」、スポーツをしているときは「大」など自分の生活場面にあてはめます。

話している人と同じ大きさにするというのも一つの方法です。
 
 
 
【声は客観視のバロメーター】
自分の声の大きさに気をつけられるというのはそれだけ客観視できているということです。

自分の声の大きさが場面に合っているかで、どれだけ自分を客観的に見れているかの目安になります。
 
 
 
【声の目安表】
最後に場面ごとの声の大きさ目安表を作っておきます。

声の大きさ「大」
・スポーツの応援
・マイクのない場所での発表やプレゼンテーション(体育館など広い場所)
・広い公園で遠くの人を呼ぶとき
 
 
声の大きさ「中」
・電話での会話
・人との雑談
・会議や話し合いで自分の意見を言うとき
・買い物に行ったときのお店の人とのやりとり
 
 
声の大きさ「小」
・図書館での会話
・電車やバスの中での会話
・夜寝る直前の会話(布団に入り、電気を消している)
・近くで電話をしている人がいるとき
・内緒話、別の人に聞かれるとまずい話
・隣でテレビを観ている人がいるときに、別の人と会話をするとき
・近くに寝ている人がいるとき
 
 
 
このように、日常生活では大きい声を出すことは比較的少ないです。
そして小さい声を出すときというのは中や大の大きさでは他人が迷惑するかもしれないときです。
 
 
 
【声の大きさの使い分けが苦手な方は】
声の大きさの使い分けが苦手な方は
周りの人と同じ声の大きさでしゃべるという方法があります。

これは周りの人がソーシャルスキルがあることが前提ですが。

周りの人と同じ声にするのは
自分で声の大きさを考えなくていいので楽ですし無難です。

状況に合わせて声の大きさを判断することが苦手な場合はまず人の真似をすることから始めてみましょう。

ちなみに人は誰でも間違いますし、
ずっと真似ばかりしていても判断力は養えないので、
相手の声の大きさを真似る場合は、自分で判断できるようになるための前段階の練習として捉えましょう。
 
 
 
<関連記事>
【小児SST】待つことの大切さ
【小児SST】ボールを拾わなかった子
【大人SST】暗黙のルール
【大人SST】漫画、アニメ、小説、ドラマの言動を現実でやると不自然である。

-その他の社会スキル

関連記事

【RolePlay】外食での注文時のソーシャルスキル

SST(ソーシャルスキルトレーニング)の会話劇です。 昼下がりの午後、ある飲食店で二人がランチをします。 SST(ソーシャルスキルトレーニング)は発達障害の方のだけでなく、グレーゾーンの方やコミュニケ …

ドラマ「結婚できない男」から空気の読み方を学ぶ⑥

阿部寛さん主演の連続ドラマ、「結婚できない男」から空気の読み方やコミュニケーションの取り方を学びます。 今日は第6話「融通きかなくて悪いか!!」を題材に。     【目次】 第6話 …

誰と誰が仲が悪いか見極める基準

誰と誰が仲が良くて悪いのかを察することができるのは、コミュニケーションにはすごく重要です。 関連記事:誰と誰が仲が良いかを考えるのは人間関係ですごく重要 とはいっても、大人になると露骨に人を嫌った態度 …

清潔かどうかではなく相手が清潔と感じるかどうかが重要

社会で生きていく上で「清潔感」は大事です。 どんな人に好感を持てますか?といった類のアンケートを取ると必ず上位にくる清潔感。 ある意味、美人・イケメン、頭がいい、お金持ちなど以上に清潔感というのは社会 …

ソーシャルストーリーとは?~作り方とそのルール~

「ソーシャル」も「ストーリー」も平易な語句ではありますね。 しかしながら発達障害の療育界隈において、 ソーシャルストーリーとはキャロル・グレイ氏が考案した発達障害児に対するソーシャルスキルの支援方法を …