算数の対象年齢考察

子供が数字を書けるのは何歳から?~発達心理学より~

投稿日:2019-03-27 更新日: 2019-03-27


 
 

数字を書けるのは何歳から?

子供が数字を書くことができるのは何歳頃でしょう?

個人差はありますが、
数字を書くことができるのは5歳半頃です。

今日は数字を書くことと子供の発達の解説です。

 
 
 

数字を書くことと子供の発達

「数字を書ける」とは、「1、2、3、4、5、6、7、8、9、10」の数字が書けるということですね。

見本を見て形を真似するのではなく、「5を書いてみて」言われて紙に「5」を書ける。

このように
「数字を書ける」とは口頭で言われた数字を見本を見ないで自分で書けるということです。

子供の正常発達をみる検査に、津守式乳幼児精神発達質問紙というものがあります。

上記によると、
数字を書くのは5歳6カ月相当の発達であることがわかります。

つまり保育園や幼稚園の年中さんあるいは年長さんの時期に相当することがわかります。

 
 
 

子供が数字を書けないときは?

5~6歳という時期は、単に数字を書けるだけでなく、「1+1」など簡単な足し算ができ始める時期です。

そのため、ただ単に数字が書けるのではなく、数の概念も合わせて理解したいものです。

つまり、ただ「3を書いて」と言われて「3」を書けても、「3」という個数がわかっていないならただの暗記でしかありません。

数字を覚える前に、数を数えられるようになることの方が優先順位は高いでしょう。

また、数字を書くという行為には少なからず手先の器用さが必要です。

鉛筆を上手に持って動かせないと、数字を書くことは難しいでしょう。

数字を書くことと同じくらいの難易度の筆記は、菱形などの図形を書くことです。

このように考えると、四角や三角、菱形など図形を意識したお絵描きはよい練習になるでしょう。

 
 
 

まとめ

子供が数字を書くことができるのは何歳頃でしょう?

「数字を書ける」とは口頭で言われた数字を見本を見ないで自分で書けるということです。

個人差はありますが、
数字を書くことができるのは5歳半頃です。

しかしながら、「数字を書ける」よりも「数を数えられるようになる」ことの方が優先順位は高いでしょう。

まずは5以下、できれば10以下の個数を数えることができるようになることを目指します。

 
 
 

その他の記事

 
 
 

参考資料

-算数の対象年齢考察