Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

パソコン(IT支援)

スイッチでWindows Media Playerを操作する

投稿日:2017-04-07 更新日: 2017-04-07

1スイッチで音楽を聴いたり動画を見る方法を考えます。

Windows Media Playerはウインドウズのパソコンに標準で入っている音楽・動画再生ソフトです。
このWindows Media Playerをスイッチで操作する方法を考えます。
 
 
 

ショートカットキー

ソフトには特定のキーの組み合わせを押すと特定の動作をしてくれるショートカットキーが存在します。

例えばWindows Media Playerのショートカットキーは、

Ctrl + P :再生・一時停止
Ctrl + F :次へ
Ctrl + B :前へ

となっています。
 
 
 

1.スイッチをパソコンにつなぐ

実際にスイッチで音楽を聴けるように設定していきます。

スイッチをパソコンにつなぐためにはスイッチインターフェースが必要です。
パソコン用スイッチインターフェースで最も有名なものはできマウスでしょう。


できマウスを使ってスイッチをパソコンに接続します。

ちなみにスイッチインターフェースは自作することも可能です。

補足記事:パソコン用スイッチインターフェース自作方法
 
 
 

2.JoyToKeyで設定する

機器を接続したら設定していきます。
設定する際は無料のソフトを使います。
いろいろありますがJoyToKeyが有名です。

補足記事:JoyToKeyをパソコンにインストールする方法

先ほど書いた通り、Windows Media Playerは「Ctrl + F」のショートカットキーで曲を順送り再生できます。

スイッチを押すことで「Ctrl + F」を入力できれば、1スイッチで音楽を順送り再生できます。

JoyToKeyでスイッチに「Ctrl + F」を割り当てます。

補足記事:JoyToKey で複数のキーを割り当てる方法
 
 
 

3.音楽を聴こう

スイッチにキーを割り当てたら、いよいよ音楽を聴いてみます。

ここで少し工夫が必要です。

音楽ファイルを左クリックするとファイルが選択でき、
ダブルクリックすると再生できると思います。

しかしCtrlキーを押しながら左クリックするとファイルが複数選べます。

Ctrlキーを押しながら複数の聴きたいファイルを選択、そして最後にダブルクリックかEnterキーを押すと複数選択した状態でWindows Media Playerが起動します。

スイッチを押してみましょう。曲が次の曲へと順送り再生されていきます。

このように設定することで、1スイッチで自分の好きな音楽を好きなタイミングで再生したり曲を変えたりできます。

-パソコン(IT支援)

関連記事

パソコン用スイッチインターフェース自作方法まとめ

パソコン用スイッチインターフェースを自作する方法について、複数記事にて今まで紹介してきたのでそれらをまとめました。       【目次】 パソコン用スイッチインターフェー …

パソコンがピアノになる ~ソフトウェアMIDIキーボード ver2.60~

パソコンは多機能でソフトを使いすることでいろいろなことができます。 その一つが楽器の音を鳴らすこと。 楽器の音を出せるソフトはいろいろあります。 今日は無料で使えるソフトである ソフトウェアMIDIキ …

スクリーンキーボードとJoyToKeyの相性が悪い場合の備忘録

Windows標準のスクリーンキーボードとJoyToKeyの相性が悪い場合があるので備忘録として書いておきます。       スクリーンキーボード   パソコン …

パソコン用スイッチインターフェース自作1.考え方

脳性麻痺などに伴う重症心身障害や肢体不自由、そのほか身体障害によって活動が制限される場合、パソコンは能力を補ってくれる頼もしい機器になります。 手が不自由で字が書けなくても文字が打てる。 離れた人とも …

パソコン用スイッチインターフェース自作2.コントローラーを使う。

パソコンにスイッチをつなげるための機器、スイッチインターフェース。 スイッチインターフェースは障害者のIT支援の現場においてなくてはならない機器のひとつです。 スイッチインターフェースとして有名なもの …