Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

療育の仕事コラム

「障害児に関わる仕事」の就活

投稿日:2018-08-24 更新日: 2018-08-24

 
 

 
 
 

1. 障害児に関わる職場

障害児に関わる仕事はいろいろあります。

保育士、教師、介護士、看護師、作業療法士、言語聴覚士。などなど。

いずれにせよ、

障害児に関わる職場としては、障害児施設、病院、療育施設、特別支援学校、特別支援クラスなどがあるでしょう。
 
 
 

2. 障害児に関わる仕事に就くための就職活動

障害児に関わる仕事に就こうと思ったら、多くの場合なんらかの資格を取ることになるでしょう。

保育士や教員、あるいは作業療法士などのリハビリ資格がそれにあたります。

ですので、

「障害児に関わる仕事」に就くための就職活動は、資格取得の勉強と併行して行われることがほとんどです。

資格取得の勉強とは要するに大学や短期大学、専門学校に通うことです。
 
 
 

3. 求人の探し方

さて、障害児に関わる仕事というのは世間一般的には割と珍しい仕事で、専門的な仕事なイメージですね。

街を歩いていて、求人の張り紙を見かけるなんてことはほとんどないでしょう。

障害児に関わる仕事に就く場合は、大学での求人情報や詳しい人からの情報で就活することが多いです。

自分一人でネットで求人を見て探すこともできなくはないですが、できればいろんな人から情報を集めたいものです。

これは他の仕事でも言えるかもしれませんが、

求人が出てなくても実際は面接をしてくれるところも多々あります。

「本当はあと1人だけ人員が欲しい」
「求人を出すほどではないけれど、希望があれば採用したい」

といった状況の職場はけっこう多いものです。
 
 
 

4. まとめ

多くの大学生は在学中に就職活動を行います。

障害児に関わる仕事に就こうとする大学生も例外ではありません。

しかし障害児に関わる仕事の場合、資格取得が前提となることがほとんどでしょうから、就活と併行して資格取得の勉強も手堅くこなしていきたいものです。

就活の際は自分で調べることも大切ですが、障害児に関わる仕事に就いている知人がいたらできるだけ情報を集めておいた方がいいでしょう。

あるいは、そういう知り合いがいないなら、

実習先で知り合った人や先生に近隣の求人情報を聞いてみるのも1つの方法でしょう。

保育士をはじめ、資格の取得の過程で現場での実習があるでしょう。

いずれにせよ、就活はとにかく考えるより行動したほうが結果に結び付く場合が多いです。

最終的にどこに就職するかは、受かってから決めてもいいのですから。
 
 
 

5. その他の記事

これから20年なくならない療育の仕事

障害児の療育に関わる保育士ってどんな感じ?

障害児に関わる仕事のお給料ってどんな感じ?

-療育の仕事コラム

関連記事

費用自己負担になることばの教室とそうじゃないとこの違い

「ことばの遅れのあるお子さん」が「ことばの訓練」を受けることができる場所はいろいろありますが、健康保険が使える場所と使えない場所に大きく分けることができます。 両者の違いはなんでしょう?   …

理学療法士(PT)になるためには(1)

理学療法士とはリハビリにおける国家資格のひとつです。 英語の頭文字をとってPTとも言われます。 理学療法士という仕事は世の中にある仕事全体でみれば給料は平均かちょっと下くらいです。 しかしながら資格あ …

発達障害児に関わる仕事ってどんな感じ?

自閉症やADHDをはじめとした発達障害児に関わる仕事ってどんな感じなのでしょう? 一口に発達障害に関わる仕事と言ってもいろいろあります。 直接的に発達障害のお子さんに関わる仕事と言うと ・療育施設の保 …

#MeToo 障害者が受けるハラスメントって?

SNS上で「#MeToo」という形でセクハラの被害体験を告白・共有していこうという運動が話題になりましたね。 セクシャルな面だけでなく、世の中にはいろいろなハラスメントが存在します。 そして、障害を持 …

【将来の仕事】障害児に関わる仕事ってどんな感じ?

障害を持つお子さんを支援する仕事というのはどういった感じなのでしょう? 障害を持ったお子さんに対する教育・保育・医療ケア・社会的ケアなどの支援をひっくるめて療育と言います。 障害を持ったお子さんとは、 …