Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

小児発達コラム

【小児発達】およそ5歳でできること

投稿日:2016-12-28 更新日: 2018-09-23

赤ちゃんや子供の発達は個人差があります。
その一方で、一般的に何歳で何ができるようになるのか。
目安を知っていると参考になります。
一喜一憂せず、あくまで参考として考えてもらえれば幸いです。

<補足記事>
・子供や赤ちゃんの発達を見る際の原則

 
 
 
【5歳という時期】
5歳になると「赤ちゃん」という印象は抜けてだいぶん「子供」という印象に落ち着きます。
比較的複雑な文章理解や表現ができ、大人と会話がしやすくなります。
をつけるような言語能力が身に着くのもこの時期です。

じゃんけんやトランプなどゲームがいろいろとできるようになってきます。

また、読み書きもぼちぼち始まってくる時期です。
 
 
 
【5歳児の言葉の理解】

じゃんけんがわかる
一緒にじゃんけんができます。
じゃんけんをしてどっちが勝ったか負けたかがわかります。

「受け身文」がわかる
「~した」と「~された」の違いがわかります。
例えば子供がけんかをしたとき、「叩いたのはどっち?」「叩かれたのはどっち?」など聞いてみましょう。

位置関係がわかる
複数の物がある中で、真ん中、端っこ、隣など相対的な位置関係がわかります。
 
 
 
【5歳児の話し言葉】

理由がわかる
母「どうして歯磨きをするんでしょう?」
子「虫歯になっちゃうから」
物事の理由を考えることができます。

動詞の使い分けができる
「ジュースは」→「飲む」
「クッキーは」→「食べる」
などです。対象に合わせて動詞を変えて表現できます。

特徴から対象を推測する
「紙を切るときに使う物って?」→「はさみ」
「首が長い黄色の動物は?」→「きりん」
 
 
 
【5歳児の読み・書き・計算】

数字が読める
1~10を目安に。

平仮名が読める

自分の名前が書ける
漢字じゃなくて平仮名でOKです。

簡単な図形が書ける
四角や三角、ひし形など

ごく簡単な計算ができる
1+1、2-1など。
紙の数字を読むのではなく、「これとこれを合わせたらいくつ?」などの聞き方で。

100まで数えられる
お風呂などで試してみましょう。
 
 
 
【5歳児の認識】

数が多いパズルができる
20~30ピースくらいが目安です。

4つの数字の復唱
「2,7,5,4」などランダムに数字を言って繰り返してもらいます。

「~取ってきて」
母「~と~と~と~取ってきて」
同時に4つくらいの物を覚えてもらいます。
 
 
 
関連記事:【小児発達】およそ4歳でできること

関連記事:【小児発達】およそ6歳でできること

関連記事:小児発達まとめ

-小児発達コラム

関連記事

【室内編】ままごと3歳、しりとり5歳。いろんな遊びの適齢期

赤ちゃん・子供は成長に従っていろいろな遊びができるようになっていきます。 基本的に、親は子供の遊び方にとやかく言う必要はありません。 子供は成長の中で、自然と自らいろいろな遊びに挑戦していくものです。 …

5歳児の会話ってどんな感じ?~言語発達学より~

5歳児って、どんなことを話すのでしょう? 今日は5歳児の会話の特徴を考えます。     【目次】 5歳児の会話ってどんな感じ? 会話の質 5歳児の会話の特徴 まとめ その他の記事 …

【屋外編】ブランコ3歳、かけっこ4歳。いろんな遊びの適齢期

赤ちゃん・子供は成長に従っていろいろな遊びができるようになっていきます。 基本的に、親は子供の遊び方にとやかく言う必要はありません。 子供は成長の中で、自然と自らいろいろな遊びに挑戦していくものです。 …

【小児発達】およそ1歳でできること

赤ちゃんや子供の発達は個人差があります。 何かができるようになるタイミングは子供それぞれです。 その一方で、一般的に子供は何歳で何ができるようになるのか。 それを知っていると参考になります。 これらに …

子供の発達を見る際に必要な2つの原則

子供の発達の状況がどうなのか。 親なら誰でも気になるところです。 小児発達に関わる仕事に就いている人なら誰でも気になるところです。       【個人差がある子供の発達】 …