Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

タブレット(IT支援)

タブレット用スイッチインターフェース自作2.「タッチパネルの仕組み」

投稿日:2016-10-20 更新日: 2017-02-17

自作する上で、工学的な知識があると理解が深まります。
しかしあまり専門的すぎるときりがないので、必要最低限にざっくりと。

※この記事は前回の記事の続きです。前回のはこちら。

前回の記事:タブレット用スイッチインターフェース自作1.「はじめに」
 
 
 
【タッチパネルの仕組み】
タッチパネルは、その仕組みから2種類に分かれます。
画面をタッチした指の力の強さで感知する「感圧式(抵抗膜方式)」と、
画面の電荷の変化で感知する「静電容量方式」です。

「感圧式」は一部のATMやカーナビなどに使われていることが多いです。
ニンテンドーDSなども感圧式のタッチパネルです。

そして、スマートフォンやタブレットに使用されているのが「静電容量方式」です。
 
 
 
【静電容量方式とは?】
電荷(とにかく小さい粒子?)が空気中や人の体の表面にはあります。
冬、静電気でバチッとなるのも電荷の働きによるものです。

タブレットの画面や指には電荷があります。

tablet-touch-2-1

tablet-touch-2-2

画面や指は電気を通します。
指が画面に触れることで、電荷が通常の状態とは異なる不自然な動きや密度になります。

tablet-touch-2-3

この電荷の動きを検知して操作を行うのが「静電容量方式」によるタッチパネルの仕組みです。

つまり、タブレットの画面を操作するには電荷に変化を与えることができる物質でないといけません。人の指などです。
電気を通さない物(割りばし)や手袋をした手では操作ができません。

上記を踏まえると、スイッチなどでタブレットを操作しようと思えば、スイッチのONとOFFで電荷を変化させられる機器を作ればよいということになります。

続きは次回へ。

次の記事:タブレット用スイッチインターフェース自作3.「指以外で画面を反応させる」

まとめ記事:タブレット用スイッチインターフェースを自作する

-タブレット(IT支援)

関連記事

no image

できiPadとは?

パソコンとスイッチをつなげる助けをしてくれる「できマウス」。 それのiPad版が「できiPad」です。 できiPadはBluetoothにより無線でiPadと接続できます。 iPadの携帯性を活かすた …

【アクセシビリティ】iPadのカメラの工夫

写真や動画を撮りたいというのは誰しもが思うことです。 しかしながら従来のデジカメなどでは脳性麻痺や上肢障害などにより手が不自由だと撮影が不便でした。 タブレットやスマートフォンの登場は写真や動画を撮る …

no image

iPadタッチャーとは?

iPadをはじめタブレット端末が普及した昨今、障害者のIT支援の現場でもタブレットが活用されることが多くなってきました。 それに伴い、タブレットにスイッチを接続したいというニーズも出てきます。 そのニ …

iPadアプリ、かなトーク

iPadをVOCAとして活用する事例は多いでしょう。 発話障害などにより音声会話が困難な場合、タブレットで文字を打ち音声出力できるアプリは便利です。 文字を打って読み上げできるアプリではトーキングエイ …

no image

タブレット用スイッチインターフェース自作5.「リレーとは」

前回の記事にてタブレットをスイッチで操作するためには、回路をスイッチにて切ったりつなげたりする必要があることは書きました。 そこで回路を切ったりつなげたりするために今回はリレーというパーツを使います。 …