Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

タブレット(IT支援)

タブレット用スイッチインターフェース自作2.「タッチパネルの仕組み」

投稿日:2016-10-20 更新日: 2017-02-17

自作する上で、工学的な知識があると理解が深まります。
しかしあまり専門的すぎるときりがないので、必要最低限にざっくりと。

※この記事は前回の記事の続きです。前回のはこちら。

前回の記事:タブレット用スイッチインターフェース自作1.「はじめに」
 
 
 
【タッチパネルの仕組み】
タッチパネルは、その仕組みから2種類に分かれます。
画面をタッチした指の力の強さで感知する「感圧式(抵抗膜方式)」と、
画面の電荷の変化で感知する「静電容量方式」です。

「感圧式」は一部のATMやカーナビなどに使われていることが多いです。
ニンテンドーDSなども感圧式のタッチパネルです。

そして、スマートフォンやタブレットに使用されているのが「静電容量方式」です。
 
 
 
【静電容量方式とは?】
電荷(とにかく小さい粒子?)が空気中や人の体の表面にはあります。
冬、静電気でバチッとなるのも電荷の働きによるものです。

タブレットの画面や指には電荷があります。

tablet-touch-2-1

tablet-touch-2-2

画面や指は電気を通します。
指が画面に触れることで、電荷が通常の状態とは異なる不自然な動きや密度になります。

tablet-touch-2-3

この電荷の動きを検知して操作を行うのが「静電容量方式」によるタッチパネルの仕組みです。

つまり、タブレットの画面を操作するには電荷に変化を与えることができる物質でないといけません。人の指などです。
電気を通さない物(割りばし)や手袋をした手では操作ができません。

上記を踏まえると、スイッチなどでタブレットを操作しようと思えば、スイッチのONとOFFで電荷を変化させられる機器を作ればよいということになります。

続きは次回へ。

次の記事:タブレット用スイッチインターフェース自作3.「指以外で画面を反応させる」

まとめ記事:タブレット用スイッチインターフェースを自作する

-タブレット(IT支援)

関連記事

no image

タブレット用スイッチインターフェース自作7.「作製手順」

前回までを踏まえ、実際に作成していきます。 前回の記事:タブレット用スイッチインターフェース自作6.「準備する物と設計図」       【材料・道具】 ・銅線 ・電池(単 …

no image

タブレットにおける指の動かし方の名称

iPadやタブレット端末、スマホにおける指の動かし方の名称を備忘録も兼ねて書きます。       【タップ】 基本操作。画面を指でタッチすることです。   &n …

no image

トーキングエイドはiPadアプリになって安くなった。

文字を入力し音声出力してくれるトーキングエイドは障害者のIT支援において代表的な機器のひとつです。 発話障害や上肢障害により会話や筆談が難しい人にとって重宝するトーキングエイドですが、価格が約10万円 …

スーパーマリオランとiPadタッチャー

先日、iPhoneやiPadなどのiOSアプリとしてスーパーマリオランがリリースされました。 補足記事:スーパーマリオランについて 障害者のIT支援においてはスイッチなどの操作をゲームを通して学ぶこと …

no image

タブレット用スイッチインターフェース自作9.「活用例」

前回までの記事でスイッチインターフェースの仕組みと作製について考えていきました。 前回の記事:タブレット用スイッチインターフェース自作8.「作製ポイント」 ではこの機器を障害者のIT支援の現場でどう活 …