Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

タブレット(IT支援)

タブレット用スイッチインターフェース自作7.「作製手順」

投稿日:2016-10-25 更新日: 2017-04-04

前回までを踏まえ、実際に作成していきます。

前回の記事:タブレット用スイッチインターフェース自作6.「準備する物と設計図」
 
 
 
【材料・道具】
・銅線
・電池(単4あるいは単3を2本)
・電池ボックス(電池に合ったもの)
・スイッチを差し込むジャック
・リレー(3V)
・銅板
・導電性のゲル

・お好みのスイッチ
・ハンダ
・ハンダごて
 
 
 
【準備と確認】
<リレーの確認>
リレーは電気が流れると「カチカチ」と音がします。動作確認をしっかりしましょう。
 
 
<銅線の長さの確認>
tablet-touch-3-2
長さの確認。銅線がどのくらいの長さがいいか、試しに確認を。(30cmくらいかな・・・)
 
 
 
【電池周辺の回路作製】
tablet-touch-7-1
電池ボックスとスイッチの差し込みジャックをはんだ付け。
 
 
tablet-touch-7-2
スイッチと電池をつけるとこのようになります。
 
 
 
【リレー部分のはんだ付け】
tablet-touch-7-3
リレー部分に銅線をはんだ付けします。1本の銅線が2本のピンについているのがポイントです。

また、銅線の長さは画面が充分反応する長さにします。
 
 
 
【銅板をリレーに接続】
tablet-touch-7-4
銅板とリレーの部分は、銅線をできるだけ短くします。
 
 
tablet-touch-7-5
導電性のゲルを銅板に。これでペタペタくっつくようになります。ゲルがないときは導電スポンジなどで代用。
 
 
 
【動作確認】
tablet-touch-7-6
タブレットやスマホにつけてみて、
 
 
tablet-touch-7-7
スイッチオンで動作確認。
 
 
 
【8本ピンの場合】
補足です。リレーのピンが8本の場合。
tablet-touch-7-8
tablet-touch-7-9
回路をこのように組みましょう。
 
 
 
次の記事:タブレット用スイッチインターフェース自作8.「作製ポイント」

まとめ記事:タブレット用スイッチインターフェースを自作する

-タブレット(IT支援)

関連記事

no image

トーキングエイドはiPadアプリになって安くなった。

文字を入力し音声出力してくれるトーキングエイドは障害者のIT支援において代表的な機器のひとつです。 発話障害や上肢障害により会話や筆談が難しい人にとって重宝するトーキングエイドですが、価格が約10万円 …

no image

タブレット用スイッチインターフェース自作9.「活用例」

前回までの記事でスイッチインターフェースの仕組みと作製について考えていきました。 前回の記事:タブレット用スイッチインターフェース自作8.「作製ポイント」 ではこの機器を障害者のIT支援の現場でどう活 …

no image

タブレットにおける指の動かし方の名称

iPadやタブレット端末、スマホにおける指の動かし方の名称を備忘録も兼ねて書きます。       【タップ】 基本操作。画面を指でタッチすることです。   &n …

タブレット用スイッチインターフェース自作1.「はじめに」

通常、iPadをはじめとするタブレットやスマートフォンは指で直接触れて操作します。     しかしながら脳性麻痺などにより上肢障害がある場合はタブレットを直接タッチして操作すること …

no image

iPadタッチャーとは?

iPadをはじめタブレット端末が普及した昨今、障害者のIT支援の現場でもタブレットが活用されることが多くなってきました。 それに伴い、タブレットにスイッチを接続したいというニーズも出てきます。 そのニ …