Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

タブレット(IT支援)

タブレット用スイッチインターフェース自作7.「作製手順」

投稿日:2016-10-25 更新日: 2017-04-04

前回までを踏まえ、実際に作成していきます。

前回の記事:タブレット用スイッチインターフェース自作6.「準備する物と設計図」
 
 
 
【材料・道具】
・銅線
・電池(単4あるいは単3を2本)
・電池ボックス(電池に合ったもの)
・スイッチを差し込むジャック
・リレー(3V)
・銅板
・導電性のゲル

・お好みのスイッチ
・ハンダ
・ハンダごて
 
 
 
【準備と確認】
<リレーの確認>
リレーは電気が流れると「カチカチ」と音がします。動作確認をしっかりしましょう。
 
 
<銅線の長さの確認>
tablet-touch-3-2
長さの確認。銅線がどのくらいの長さがいいか、試しに確認を。(30cmくらいかな・・・)
 
 
 
【電池周辺の回路作製】
tablet-touch-7-1
電池ボックスとスイッチの差し込みジャックをはんだ付け。
 
 
tablet-touch-7-2
スイッチと電池をつけるとこのようになります。
 
 
 
【リレー部分のはんだ付け】
tablet-touch-7-3
リレー部分に銅線をはんだ付けします。1本の銅線が2本のピンについているのがポイントです。

また、銅線の長さは画面が充分反応する長さにします。
 
 
 
【銅板をリレーに接続】
tablet-touch-7-4
銅板とリレーの部分は、銅線をできるだけ短くします。
 
 
tablet-touch-7-5
導電性のゲルを銅板に。これでペタペタくっつくようになります。ゲルがないときは導電スポンジなどで代用。
 
 
 
【動作確認】
tablet-touch-7-6
タブレットやスマホにつけてみて、
 
 
tablet-touch-7-7
スイッチオンで動作確認。
 
 
 
【8本ピンの場合】
補足です。リレーのピンが8本の場合。
tablet-touch-7-8
tablet-touch-7-9
回路をこのように組みましょう。
 
 
 
次の記事:タブレット用スイッチインターフェース自作8.「作製ポイント」

まとめ記事:タブレット用スイッチインターフェースを自作する

-タブレット(IT支援)

関連記事

no image

iPadタッチャーとは?

iPadをはじめタブレット端末が普及した昨今、障害者のIT支援の現場でもタブレットが活用されることが多くなってきました。 それに伴い、タブレットにスイッチを接続したいというニーズも出てきます。 そのニ …

no image

タッチパネルの仕組みと種類

iPadやスマートフォンの普及により、画面を指でタッチして操作する機械が増えてきました。 障害者のIT支援においては、なんらかの理由により画面をタッチできない、あるいはしにくい方がいるかもしれません。 …

ライトボックス(Cause & Effect Light Box)

タップしたら音や光が出るというシンプルなアプリはIT支援においては何かと便利です。 因果関係の学習やスンーズレンなどに使えそうなアプリであるライトボックス(Cause & Effect Li …

no image

タブレット用スイッチインターフェースを自作する際の材料

タブレット用スイッチインターフェースを自作する上での必要な物は以前も紹介しました。 しかし中には普段馴染みのない材料もあり購入方法に迷う人もいるかもしれません。 今日は材料調達の手順を以前より掘り下げ …

no image

タブレット用スイッチインターフェース自作2.「タッチパネルの仕組み」

自作する上で、工学的な知識があると理解が深まります。 しかしあまり専門的すぎるときりがないので、必要最低限にざっくりと。 ※この記事は前回の記事の続きです。前回のはこちら。 前回の記事:タブレット用ス …