Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

タブレット(IT支援)

タブレット用スイッチインターフェース自作8.「作製ポイント」

投稿日:2016-10-26 更新日: 2017-04-04

前回までの記事でタブレット用のスイッチインターフェースの作製過程を考えていきました。

前回の記事:タブレット用スイッチインターフェース自作7.「作製手順」

今日は準備や作製に伴うポイントをQ&A方式で書きます。
 
 
 
【Q.部品を買う場所がわからない!?】
A.ネットだと便利です。

ネットには電子工作用の部品が売ってあるサイトがいろいろあります。
大きいところだと秋月電子通商千石電商などです。
代引きやクレジットなど支払い方法も多様ですので便利だと思います。
 
 
 
【Q.リレーが動作しない!?】
A.電池の極とボルトを確認!

リレーの中のコイルには電気が流れる方向があるので、電池のプラス極とマイナス極を間違えないようにつなげましょう。
動かないときは試しに極を逆にしてみてください。

また、リレーは動作するためにある程度の電力が必要です。
例えば3Vリレーなら、乾電池は1個1.5Vなので2本の乾電池が必要です。
2本を直列つなぎにしてリレーにつなげます。
 
 
 
【Q.導電ゲルが手に入らない!?】
A.アクセルガードで検索!

インターフェースとタブレットをつなぐ重要な部品、導電ゲル。
ぷにぷにぺたぺたしたこの電気を通すゲルですが、確かにどこでも売っているというわけではなさそうです。

そこで!
またネットの出番。
アマゾンなどでアクセルガードと検索してみしょう。
これは整骨院などで電気治療に使われるもの。なので電気を通しますしぷにぷにぺたぺた。
これを切って使いましょう。
 
 
 
次の記事:タブレット用スイッチインターフェース自作9.「活用例」

まとめ記事:タブレット用スイッチインターフェースを自作する

-タブレット(IT支援)

関連記事

障害者のIT支援で知っておきたいこと~タブレット編~

特別支援教育や障害者療育において、パソコンやタブレットなどIT機器を使う機会は増えています。 しかしながらそれなりの知識がないと支援ができない一方で、何を知ればいいのやら。 障害者のIT支援において知 …

no image

タブレット用スイッチインターフェース自作1.「はじめに」

通常、iPadをはじめとするタブレットやスマートフォンは指で直接触れて操作します。     しかしながら脳性麻痺などにより上肢障害がある場合はタブレットを直接タッチして操作すること …

no image

タブレット用スイッチインターフェースを自作する際の材料

タブレット用スイッチインターフェースを自作する上での必要な物は以前も紹介しました。 しかし中には普段馴染みのない材料もあり購入方法に迷う人もいるかもしれません。 今日は材料調達の手順を以前より掘り下げ …

iPadアプリ、かなトーク

iPadをVOCAとして活用する事例は多いでしょう。 発話障害などにより音声会話が困難な場合、タブレットで文字を打ち音声出力できるアプリは便利です。 文字を打って読み上げできるアプリではトーキングエイ …

no image

タブレット用スイッチインターフェース自作5.「リレーとは」

前回の記事にてタブレットをスイッチで操作するためには、回路をスイッチにて切ったりつなげたりする必要があることは書きました。 そこで回路を切ったりつなげたりするために今回はリレーというパーツを使います。 …