Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

その他の社会スキル

対等な恋愛関係・友人関係・人間関係を築く方法

投稿日:2017-07-24 更新日: 2017-07-24

対等なコミュニケーションをとるというのは人間関係においてすごく重要です。

対等なコミュニケーションとは単にタメ口で話すとかそういうことではありません。対等なコミュニケーションとは互いの正直な気持ちを理解し尊重し合える関係です。

女性に貢ぐ男性、男運がない女性、フラストレーションがたまる友人関係。
いずれも対等なコミュニケーションがとれていないのです。

対等なコミュニケーションについて今日は見ていきます。
 
 
 

あなたはどれくらい自分の意思を言えているか?

 
あなたはどのくらい自分の正直な気持ちを相手に伝えているでしょう?
相手はどれだけその気持ちを受け入れてくれてるでしょう?

あなたと相手は対等ですか?
対等なコミュニケーションを築く最初の一歩はそう自問することから始まります。

あなたと相手は同じ人間なのです。
決して「好きになってもらう側」と「好きになってあげる側」ではないのです。
 
 
 

互いのスケジュールを尊重する

 
どこかに出かける、何かに時間を割く。
スケジュールを決めるとき、いつもあなたが相手の都合に合わせていませんか?

あなたはあなたの都合を伝えていいのです。

そしてもっと重要なのが、
相手のために常に予定を空けておく必要はないのです。

いつもでも予定が空いていて、自分の都合に合わせてくれる人は便利です。
便利な人は重宝しますが魅力的ではありません。

あなたが相手のスケジュールにいつも合わせることは、
あなたの時間にとっても魅力にとってもマイナスなのです。
 
 
 

他の人とも社交的に

 
好きな異性や友人ができたら、その人以外と極端にコミュニケーションをとらなくなる人がいます。

けれど、一人の人に全てのコミュニケーションを注ぎ込むのはナンセンス。
それの極例がストーカーです。

ほどほどに社交的でありましょう。

好ましい人間関係を持つ人は魅力的です。
その魅力でさらに人間関係が広がります。
富む者はさらに富むのです。

 
 
 

ピークエンドの法則

 
対等なコミュニケーションをとれていない人は、相手の都合に合わせてしまいます。

この会話をいつまで続けるのか、今日のデートは何時に終わるのか、そういうことを常に相手にゆだねています。

自分から終わることも大切です。

人は一番盛り上がったところで場が終わると、全体的に盛り上がったように錯覚します。反対にいつまでも終わらず盛り下がってから仕方なく終わると、たとえ盛り上がった場面があっても楽しくない時間を過ごしたと錯覚します。これをピークエンドの法則と言います。
 
 
 

今日からはじめよう

 
友人や恋人と対等なコミュニケーションをとるために、今日から行動しましょう。

「○○日はだめだけど△△日ならいいよ」自分の都合も伝えましょう。
「私はこっちのほうがいいな」自分の気持ちを正直に話してみましょう。

最初はうまくいかないかもしれません。離れていく人は離れていくでしょう。
でもそうやって少しずつ人間関係を築き、残った人が本当にあなたの人生にとって大切な人なのです。

-その他の社会スキル

関連記事

どんなときにどんな気持ちになるのか。感情の例

どんなときにどんな気持ちになるのでしょう。 人がどんな気持ちになるかを推し量ることは大切なコミュニケーションスキルです。 感情を理解し、共感し、相手の気持ちに配慮して接する。 簡単なようで難しいことで …

年をとると受け取られ方が変わること

若いときだから許されることってけっこうあります。 年をとると同じ言動でも相手の受け取り方が変わることがあります。 自分の言動は変わっていなくても、年を重ねることでそれが許されなくなることが多々あります …

【アスペ】言えばわかるのに、どうして言わないとわからないのか?

アスペルガー症候群やそのほか発達障害、あるいはコミュニケーションが苦手な人は言葉の裏の意味を読みとることが苦手です。 直接言えばわかるけれど、言葉にしないとわからない。 言ってもわからない人なら、「あ …

人に騙されないための教訓7選

世の中にはいろいろな人がいます。 世界中の人が心優しい人と思いたいですが、そうでない場合もあります。 人は状況により優しくもあれば冷酷でもあります。 常に善人や常に悪人ということはほとんどなく、人は極 …

【SST】声の大きさに気をつける

SST(ソーシャルスキルトレーニング)として声の大きさについて考えます。 人との会話では「適した声の大きさ」というものがあります。 大きければ良い、小さければ良いというわけではなくちょうど良い大きさが …