暗黙のルール

発達障害の人が見過ごしがちな微妙な暗黙のルール

投稿日:2018-03-06 更新日: 2018-03-06

世の中には暗黙のルールがありますね。

暗黙のルールには破った途端に場の空気が凍りつくような大きなものから、周りが指摘してくれない小さなものまで様々です。

大きなルールはけっこう周りが教えてくれます。

厄介なのが日々の些細な暗黙のルール。
ちょっとした暗黙のルールは周りも違和感に感じつつ「指摘するほどでもないかな」と見過ごされがち。

けれどその小さなズレが、コミュニケーションに支障をきたす場合もあります。

今日は「小さな暗黙のルール」を見ていきます。
 
 
 

服装は場に溶け込むように

 
仕事中はスーツを着ているし、基本のTPOはわきまえてる。
人に指摘されるような変な服ではないけれど、微妙に服装が変なことがあります。

例えば靴下の柄が服に合ってない。
服のサイズが体型に合っていない。
過剰なアクセサリー。

洋服は場に溶け込むのが一番。
周囲の人と似た服装をするのが無難です。
 
 
 

相手はただ聞いてほしいだけかもしれない

 
人には愚痴をただ聞いてほしいことがあります。
腹が立ったと言ってはいても、ただの過去の話として聞いて欲しいことがあります。

人の話を「それは一大事だ」と言わんばかりに過剰に捉えてしまう人がいます。

話の内容とその人自身の感情は状況によって異なるものです。
 
 
 

パーソナルスペースを意識する

 
話すときに距離が近い人がいます。
スキンシップが不自然な人がいます。

人にはパーソナルスペースというものがあって、互いの築いた親密さ以上に近い距離は違和感を感じるものです。

補足記事:パーソナルスペース
 
 
 

話しかけるときは、相手のタイミングをみる

 
話の内容以上に、話かけるタイミングは大切です。
忙しいときに話しかけられても、相手にとっては煩わしいだけです。

相手が何かに集中していたり、誰かと別の話題を話しているときは自分の話を持ちこまない。
 
 
 

相手との親密さに合わせた話題で話す

 
「今日はいい天気ですね」
例えば天気の話は初対面の人には有効ですね。

けれど、やはりこういうのは退屈な話題です。
ある程度親密になった人にしては退屈なだけです。

会話には関係性に合った話題というものがあります。

いつまでも初対面のような話題を出しても、不自然なだけです。
 
 
 

車で聴く音楽は、音が大きくなり過ぎないように

 
意外と車内の音は車外に漏れているものです。
 
 
 

仕事で自分のことは「私」や「僕」

 
男性で特に多いでしょう。仕事で自分のことを「自分」と言う人がいます。
学生の頃の部活ならよかったかもしれませんが、自分のことを「自分」と言うのは社会だと子供っぽい印象を受けます。

若いうちは「僕」、ある程度年を重ねたら「私」。
お客さんや取引先の人との会話なら若くても「私」でいいくらいです。
 
 
 
 
 
 
その他の記事
 
【暗黙のルール辞典】人前でしてはいけない癖や整容

【暗黙のルール辞典】飲食店で気をつけること

【暗黙のルール辞典】人との会話で言ってはいけないこと

-暗黙のルール