IQ 検査

知能検査の一覧とそれぞれの特徴や違い~IQの測り方~

投稿日:2019-04-03 更新日: 2019-04-03


 
 

IQとは?

IQについては以下をご参照ください。

以下、主な知能検査をいくつかとりあげます。

 
 
 

知能検査の一覧

田中ビネー知能検査

現場で使われる最もポピュラーな知能検査の1つです。

最新版は「田中ビネー知能検査Ⅴ」です。

2~13歳までであればIQだけでなく精神年齢を算出することができます。

14歳以上は原則IQのみの算出です。

療育手帳などの申請など、公的な手続きにも使われる知能検査です。

幼児期の知能検査としてよく使われます。

 
 

ウェクスラー式知能検査

田中ビネーと並んで有名な知能検査。

こちらも公的な手続きに使われることが多い検査ですが、田中ビネーより実施に手間がかかる印象を持たれています。

ウェクスラー式は年齢に応じて数種類あります。

WPPSI-III

対象年齢は3歳10ヶ月~7歳1ヶ月。

幼児期向けのウェクスラー。

WISC-IV

対象年齢は5歳0カ月~16歳11カ月。

幼児期も入りますが、主に学童期以降を主としたウェクスラーですね。

学習障害などのお子さんへの勉強面のアドバイスをするために、その子の得意不得意を調べる目的で実施することが多々あります。

WAIS-IV

対象年齢は16歳以降。

 
 

K-ABC 心理・教育アセスメントバッテリー

対象年齢は2歳6カ月~12歳11カ月。

継次処理(情報を1つずつ順に処理する力)と、同時処理(情報をまとまりとして処理する力)、その人がどちらが得意かを見ることができます。

 
 

Raven(レイヴン)色彩マトリックス検査(RCPM)

簡易知能検査の1つです。

条件に合う図形はどれかを選ぶ問題で、言葉を介さずにできる非言語性の検査です。

5歳以上のお子さんから実施できます。

 
 

グッドイナフ人物画知能検査

こちらも非言語性の検査。
簡易的な知能検査です。

通常の検査では緊張したり人見知りするお子さんに重宝します。

お子さんに人の絵を描いてもらい、その絵から知能を判断します。

 
 
 

その他の記事

 
 
 

参考資料

-IQ, 検査