Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

人間関係の教科書 恋愛

【恋愛教訓】友達の「好き」と恋人の「好き」の違い

投稿日:2018-07-31 更新日: 2018-08-20

 
 

 
 
 

1. 「友達としての好き」と「恋人としての好き」

友達への「好き」と恋人への「好き」。

どちらも人に対する「好き」です。
けれど、この2つの「好き」には違いがあります。

自分の、誰かに対する「好き」が「友達としての好き」なのか「恋人としての好き」なのかわかることは大切なことです。

同様に、誰かの自分に対する「好き」が「友達としての好き」なのか「恋人としての好き」なのかわかることも大切です。

誰かが自分のことを好きでいてくれて、でもそれは「友達としての好き」なのに自分は「恋人としての好き」だと勘違いしてしまう。あるいはその逆。

そういった「好き」の勘違いをしないように気をつけます。
 
 
 

2. 「友達としての好き」って?

「友達としての好き」って、どんな気持ちなのでしょう?

好きとは、一緒にいて楽しいとか、気が合うとか、心が惹かれるといった気持ちです。

でも、「好き」という感情の理由は人によって様々で簡単には言い表せないものです。

例えば、気が合わなくても、相手の価値観や考え方に魅力を感じれば「好き」になったりします。

だから「好き」の理由が必ずはっきりするとは限りません。
 
 
 

3. 「恋人としての好き」って?

「恋人としての好き」とは簡単に言うと、「友達としての好き」よりもっともっと好きだということです。

さらに、日本では「友達として好きな人」は何人かいても、「恋人としての好きな人」は1人であることが多いです。

「恋人としての好きな人」と一緒にいると、楽しかったり安心するだけでなく、ドキドキしたりもします。

「恋人として好きな人」には、「友達として好きな人」以上に独占欲を感じたりもします。

独占欲とは「その人を独り占めしたい」という気持ちです。

独占欲を感じることは自然なことです。
けれど、独占欲が強すぎると人間関係のトラブルにつながります。

だから自分の中の独占欲という存在を認めながらも、その程度に気をつけます。
 
 
 

4. 「友達として」なのか「恋人として」なのか

人には人に対して「好き」という感情があります。

「好き」という感情には大きく分けて「友達としての好き」と「恋人としての好き」があります。

異性から「好き」と言われたり、好意的な行動をとってもらったときは、それが「友達としての好き」なのか「恋人としての好き」なのかをよく考えます。

相手の「好き」と自分の「好き」の意図が食い違うと、人間関係のトラブルにつながるからです。
 
 
 

5. その他の記事

【教訓】人の話を聞くときは適度に相手を見る

【教訓】他人の悪口や陰口を真に受けない

「好きです、付き合って下さい」以前に付き合えるかわかる

-人間関係の教科書, 恋愛

関連記事

【SST】空気を読めば、とりあえずモテる。

社会で円滑に生きていくためには知的機能や身体的能力だけでなく社会性が必要です。 暗黙のルールを知る、空気を読む、人の気持ちを察する etc… これらはソーシャルスキルと呼ばれます。 ソーシ …

【暗黙のルール辞典】恋人がいる人ほどモテる

    【目次】 1. 恋人がいる人ほどモテる 2. 素敵な人と付き合いたい 3. 恋人がいるという事実自体が魅力になる 4. モテ期の作り方 5. その他の記事   & …

【常識】結婚式に元カレ・元カノは呼ばない

結婚式に元カレ・元カノを呼んではいけません。 法律でそう決まっているわけではありませんが、常識やマナーとして呼ぶべきではないとされています。 もしもあなたが、あなたのパートナーが、あなたの友人が、 結 …

【教訓】仕事の電話を受ける

仕事をしていると、かかってきた電話をとることがあります。 仕事には、1人に1つずつ電話がある仕事場と、 1つの電話をみんなで使う仕事場があります。 1つの電話をみんなで使う場合、 電話が鳴ったら近くの …

【教訓】動物がみんな好きなわけじゃない

私と、相手と、動物と、これら三者の関係について。     【目次】 1. 動物が好きな人も嫌いな人もいる 2. 私の好き嫌いと相手の好き嫌い 3. 私と相手と動物と接し方 4. ま …