Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

検査

津守式乳幼児精神発達質問紙とは?

投稿日:2017-01-22 更新日: 2017-10-02

津守式乳幼児精神発達質問紙は子供の発達を見ることができる質問紙です。
乳幼児精神発達質問紙(津守式)、津守・稲毛式乳幼児精神発達診断など微妙に言い方は変わります。

1961年から順次作成されました。
順次というのは、はじめに0~3歳対象が作成され、その後1965年に3~7歳対象が作られたからです。
作成者の一人が津守さんだったことからこの名前になっています。
 
 
 
【どんな検査?】
基本は記入用紙を参考にスタッフが親御さんに問診していきます。
あるいは親御さんに直接記入してもらいます。

問診による生活状況の確認および観察所見にて評価する方式です。

そのため特殊な検査器具は必要ありません。
検査に必要な設備も必要ありません。

問診で実施可能の、比較的行いやすい検査です。
 
 
 
【対象は?】
対象年齢は0~7歳となっています。
小学校入学前の時期(未就学児)を網羅した質問紙と言えます。

質問紙は3冊に分かれており、
・0~12か月
・1~3歳
・3~7歳

となっています。実施の際は年齢に合わせたものを使用します。
 
 
 
【検査方法は?】
各項目についてその子が該当するかどうかをチェックしていきます。

チェック方式というシンプルな実施方法です。
結果の算出に複雑な計算処理もありません。

項目はハサミを使って物を切るかとか、曜日がわかるかといった日常生活から判断できそうな内容で構成されています。

各項目には目安になる年齢・月齢が記載されています。
この年齢・月齢は正常発達の子であれば60%、つまり10人に6人はその項目ができることを示します。
 
 
 
【所要時間は?】
問診にせよ記入してもらうにせよ特に制限時間はありません。
そのため親御さんが回答にどのくらい時間を要するかで変わってきます。

おおむね20~30分程度の時間が必要になるでしょう。
 
 
 
【検査内容は?】
津守式には5つのカテゴリーがあります。

「運動」・「探索」・「社会」・「生活習慣」・「言語」です。

「運動」とは文字通り運動面の評価です。

「探索」は物を認識する能力や手先の器用さに関わる項目です。

「社会」は人との関わりの項目です。親との関係だけでなく友達との関係も含みます。

「生活習慣」はその名の通り日常生活の様子です。食事やトイレの現状などがこれにあたります。

「言語」は言葉の理解やしゃべる内容に関する項目です。
 
 
 
【どんなときに行う?】
津守式は先述した通り問診形式の検査です。
つまり子供さんが実際にその場で課題をしなくても実施することができる検査です。

療育を開始して間もない頃は緊張してしまったりして実力を発揮できない場合があります。

そのような療育の比較的初期にスクリーニングとして行われることが多い検査です。

しかしながら項目数も豊富なのでその後の経過評価にも役立つでしょう。
 
 
 
【購入費用は?】
先述した通り、津守式は0~12か月、1~3歳、3~12歳の3つに分かれています。
それぞれ200円くらいです。

検査マニュアルと各質問紙のセットで8000円弱となっています。

検査の類ではお手頃なほうだと思います。

補足リンク:津守式の購入サイト
 
 
 
【津守式について】
津守式は1冊実施しようとすると100以上の項目に答える必要があります。
実施時間の割になかなか骨の折れる作業になるでしょう。

その一方でそれだけ項目が多いので、お子さんの全体像の把握には役立ちます。

また、社会性や生活習慣といった知的面以外の項目を評価できるのもポイントが高いでしょう。

近年は知的障害だけでなく、発達障害をもつお子さんの療育も盛んです。
発達障害は知的な側面とは別に、対人関係や社会性に課題がある場合も多いです。

そのようなお子さん方の療育においては個人の印象だけではなく、このような客観的な質問紙で社会性を評価できるのは大切です。
 
 
 
【勉強にも役立つ】
子育てをする親御さんや療育・教育に関わるスタッフにとって「○○歳で○○ができる」という目安は知っていて損はないです。

津守式は項目数が豊富でそれぞれの年齢の目安もわかるので親御さんやスタッフの勉強にも役立つ質問紙とも言えるでしょう。

正常発達を知ることにより、子供の生活・遊び・勉強の適切な内容がわかります。

関連記事:アンパンマンの対象年齢は何歳か子供の発達から考察する
 
 
 
【その他の検査】
より観察項目が少ないものでしたら遠城寺式乳幼児分析的発達検査があります。

関連記事:遠城寺式乳幼児分析的発達検査

また、対象のお子さんが自閉症などの発達障害である場合は、自閉症スペクトラムの評価に特化したCARS(カーズ)なども参考になります。

関連記事:CARS(小児自閉症評定尺度)とは?

そのほか、子供の年齢別の発達を見たいならこちら。

関連記事:【小児発達】まとめ

-検査

関連記事

【検査】LCSA(学齢版 言語・コミュニケーション発達スケール)とは?

LCSA(学齢版 言語・コミュニケーション発達スケール)とはお子さんを対象にした言語検査です。 未就学児(小学校入学前のお子さん)を対象にした言語検査であるLCスケールの小学生版にあたります。 関連記 …

構音訓練に際して行う9つの評価項目

発音のことを医学的には構音(こうおん)と言います。 発音の改善のためのリハビリを構音訓練と言ったりします。 構音訓練を行う上では、練習すべき音はなんなのかという評価がまず大切です。 構音訓練に伴って行 …

【検査】PVT-R(絵画語い発達検査)とは?

PVT-R(絵画語い発達検査)は言語検査のひとつです。 PVT-Rの読み方はそのままピーブイティーアールと読みます。 PVT-Rは、旧来の語彙検査であるPVTの改定版です。     …

発達検査を実施の仕方で分類してみる

子供の成長にはいろいろな側面があります。 運動の発達、器用さの発達、感覚の発達、言葉の発達、知能の発達etc いずれの発達も見た目だけで判断できるものではありません。 時には客観的な検査が役立つことが …

【検査】パルスオキシメーターによる摂食嚥下スクリーニング

パルスオキシメーターによる摂食場面のモニターは、摂食嚥下障害に対するアプローチの一つです。 一般にはスクリーニングテストであるRSSTや水飲みテストと並行して行います。 関連記事:RSSTとは? 関連 …