暗黙のルール

【暗黙のルール辞典】周りが使っている語彙を使う

投稿日:

今日は言葉遣いに関する暗黙のルールについてです。
 
 

 
 
 

周囲が使っている語彙や表現を使う

言葉遣いというのは社会で生きていく上で非常に重要です。
人間関係においては「どう思うか」以上に「どう伝えるか」が重要であることが多々あります。

言葉には丁寧な表現や乱暴な表現など多様な表現があります。
一体どのような表現がコミュニケーションにおいて適しているのでしょう?

人間関係を円滑にするとか空気を読むとかの観点で言えば、周囲が使っている語彙や表現を使うというのが最も効果的です。
 
 
 

状況に合わせて臨機応変に

伝える内容が同じなら、表現がどのようでもいいという考えはいささか雑な発想です。
伝える内容が同じでも、表現を工夫するのが本来のコミュニケーションです。

なぜ表現を工夫するのか?

それは
・相手を不快にしないため
・違和感を出さないため

です。

このときに、「どんな表現が一番いいのか?」という疑問が出てきます。
言葉遣いに唯一の正解はありません。
なぜなら状況に合わせて臨機応変に変えることが最も重要だからです。
 
 
 

「承知しました」の違和感

相手が言ったことを理解できた意思として言う「わかりました」という言葉。

国語的には、この「わかりました」という言葉は目上の人に使うべき言葉ではありません。
「承知しました」などを使うことが良しとされています。

けれど、部活の先輩や会社の先輩に常日頃から「承知しました」と言ったらどうでしょう?
状況によっては「かたすぎる」「逆に不自然」と思う人もいるのではないでしょうか。

周りが「わかりました」を使っていて、先輩も別にそれでいいと思っている。
そんなときに頑なに「承知しました」を使っていたら明らかに浮いた存在になるでしょう。

結局のところ、
どんな言葉遣いが正しいか、自然かといういうのは周囲の空気が決めることで個人や国語の文法が決めることではないのです。
 
 
 

まとめ

言葉遣いとは、表現を工夫するということです。

なぜ表現を工夫するのか?
それは相手を不快にさせないためや、自分が浮いてしまわないようにするためです。

どんな表現がいいかと言えば、答えは1つではありません。
適切な表現が何なのかというのは状況によって変わるからです。

言葉遣いは、自分が今いる環境の語彙や表現を使うのが最も効率的で効果的です。
人は誰でも、自分が正しいと思う表現を相手がしてくれると嬉しいし共感できるものです。
 
 
 

その他の記事

自分のことを「自分」と言う人は子供っぽくて恥ずかしい

【暗黙のルール辞典】人前でしてはいけない癖や整容

服装の暗黙のルール

-暗黙のルール