暗黙のルール辞典

【暗黙のルール辞典】ちょっとしたプレゼントは便利

投稿日:2018-05-26 更新日: 2018-05-26

誰かにお返しをプレゼントするときのマナーとか。
 
 

 
 
 

1. お礼の程度は相手と自分の関係性による

恋人に過剰なプレゼントをして依存している人がいますね。
人とのコミュニケーションは好意を過剰に示せばいいというわけではありません。

相手と自分の関係性を見ながらバランスよく好意を伝えていくことが必要です。
好意が過剰すぎれば「なんだか気持ち悪い」でしょうし、好意が乏しすぎれば「礼儀がない」になってしまいます。
 
 
 

2. 上手にお返しをする

2-1. 感謝の言葉だけじゃ申し訳ないとき

誰かにちょっとした親切をしてもらった。ということはけっこう日常あります。
そんなとき、ありがとうの言葉だけでは申し訳ないなということがあります。

でも、仰々しく菓子折を持っていくほどではない。

そういったとき、ちょっとしたプレゼントは便利です。
 
 

2-2. ちょっとしたプレゼント

ちょっとしたプレゼントは便利です。

この、あくまで「ちょっとしたプレゼント」というのがポイント。

ちょっとしたプレゼントとはどんなプレゼントか?
ちょっとしたプレゼントとは相手がお返しをするほどでもないなと思えつつ、でも気持ちが伝わるようなプレゼントのことです。

この「ちょっとしたプレゼント」や「ちょっとしたお返し」が何がいいかというのは状況によって異なるので一概には言えません。

ただ1つ言えるのは、「ちょっとしたプレゼント」や「ちょっとしたお返し」はやっていく中で慣れていってチョイスが上手くなっていくということです。

以下、あくまで例ですが具体的に考えていきましょう。
 
 
 

3. ちょっとしたお返しの具体例

3-1. 帰省のお土産をもらった

友人が帰省したときのお土産をくれることがあります。
こういうときは、また別の機会に今度は自分が帰省したときにお土産を買ってくるといい感じです。

わざわざお返しを買って準備すると相手も申し訳ないなと思ってしまうので。
 
 

3-2. コンビニのちょっとした新製品のお菓子

仕事を丁寧に手伝ってもらったなどなど。
誰かが自分ために労力を割いてくれた場合。

「自分が買い物に行ったついで」っぽくお菓子などを買って相手に「ありがとう」と言葉を添えてあげるといい感じかもしれません。

新製品のお菓子などなら会話のネタにもなります。

ちなみに相手が先輩など目上ならもうちょっと礼儀正しい言葉遣いで。
 
 

3-3. 車で送ってもらった

相手の車に乗せてもらった。送ってもらった。
車に乗せてもらう前にちょっと自販機やコンビニでジュースなど買って手渡したりするといいかもしれません。

コインパーキングにとめるなら、駐車代を払ってもいいでしょう。
 
 
 

4. まとめ

ちょっとしたお返しは状況によって何がいいかは異なります。
けれど例えばの目安としては500円くらいでしょうか。

相手がお返しするほどではない小額にするのがポイントです。
 
 
 

5. その他の記事

【教訓】お返しをする

プレゼントをもらう

【暗黙のルール辞典】どんな服装が浮かない?

-暗黙のルール辞典