Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

IT支援コラム

VOCAとは?~ITによる障害者のコミュニケーション支援~

投稿日:2016-10-22 更新日: 2018-11-15

障害者のIT支援におけるVOCAという用語についてです。
 
 

 
 
 

VOCAとは?

VOCAは「ヴォカ」と読みます。

Voice
Output
Communication
Aid
頭文字をとってVOCAです。

VOCAとは「音声を出力するコミュニケーション機器」のことです。

特定の機器を指すのではなく、障害者のIT支援における機器や支援方法の分類の一つです。
 
 
 

なぜVOCAが必要なのか?

「互いの声で会話をする」というのは最も身近なコミュニケーション方法の1つですね。

しかし、コミュニケーションの方法は1つではありません。

メールやLINEでのやりとりもコミュニケーションですし、筆談や手話もコミュニケーションです。

自分の声で話すことだけが、唯一のコミュニケーション手段ではないわけです。

脳卒中や脳性麻痺、発達障害など何らかの障害により自分の声が出せないことがあります。

そういったときにVOCAの使用を検討します。

なぜ「検討します」なのかと言えば、コミュニケーションの方法は人や状況によって異なるからです。

同じ「声が出ない」という障害であっても、VOCAが合う人もいれば手話が合う人もいます。人それぞれです。

話は逸れましたが、
VOCAは音声を出力する機械です。

自分の声で話すことが難しい場合に、人口音声や他の人に録音してもらった声で音声表出し、コミュニケーションを手助けする機械です。
 
 
 

具体的なVOCA

代表的なVOCA

具体的なVOCAの機器としては、有名どころでは「リトルマック」「ビッグマック」があります。

これは平たく言うと、
「スイッチが大きいボイスレコーダー」です。

あらかじめ録音しておき、スイッチを押すとその録音した音が再生されます。

リトルマックのスイッチの大きさは野球ボールの直径くらい。

「リトル」ですがそれでもけっこう大きいスイッチですね。

スイッチが大きく押しやすい理由は、身体障害を重複している方の使用も想定しているためです。

リトルマックよりスイッチがさらに大きいものがビッグマックになります。

また、トーキングエイドもVOCAと言えばVOCAです。

トーキングエイドとは50音表で文字を打つことで、入力した文章を読み上げてくれる機械です。
 
 

近年のVOCA

先述のような「障害者専用」の機器が以前は代表的なVOCAでした。

しかしながら、費用対効果や現代の技術発展を考えると、近年のVOCAはまた違った状況と言えます。

タブレットやスマホの普及により、VOCAの現状も大きく変わっています。

例えば一昔前は専用機器だったトーキングエイドも、今ではiPad上のアプリとして販売されています。

グーグル翻訳をはじめとしたインターネット上のサービスを使えば、無料で自分が入力した文章を読み上げることができますね。

スマホのボイスレコーダーアプリを使えば、簡単に音を録音・再生することもできるでしょう。

以前は「高価な割に使い方のレパートリーが少なかった」VOCAが、今では「身近なIT機器でできる」支援方法になっています。
 
 
 

まとめ

VOCAとは「音声を出力するコミュニケーション機器」のことです。

自分の声でコミュニケーションをとることは素敵なことです。

一方で、もしも自分の声が障害されたら、そのときは「自分の声で話すこと」は難しくても「人とやりとりをすること」まで諦める必要はありません。

自分に合ったコミュニケーション方法を見つけることが大切です。

コミュニケーションの代償手段の1つにVOCAがあります。

近年はスマホやタブレット、インターネット環境の普及によりVOCAによるアプローチも行いやすくなりました。

脳性麻痺などの音声障害、発達障害などによる音声言語コミュニケーションの難しさを抱える方にVOCAは役立つかもしれません。
 
 
 

その他の記事

【障害者IT支援】視線入力のテクノロジーってどんな感じ?

重心のパソコン支援ならとりあえず「Hearty Ladder」という話

iPadでYouTubeを流すだけの療育が増えた件

-IT支援コラム

関連記事

LINEの流行は重症心身障害児者のコミュニケーションにどのような影響を及ぼすか

パソコンや携帯電話が普及しメールがコミュニケーションの一つの方法として確立された。 というのはもはや一昔前の話。 ビジネスシーンは別として、 近年のコミュニケーションはメールではなくLINEを使ってい …

スキャンとは?

スキャン方式は走査(そうさ)とも言われます。 障害者のIT支援、特に重度身体障害者の方に対して使うことが多い手法です。 重度の脳性麻痺や、ALSなどの神経難病がこれにあたります。 重い身体障害により体 …

時代ともに変わりゆく、障害児者へのIT支援の方法

時代の流れとともに技術は進歩し人がすることは変わっていきます。 障害児者へのITを活用した支援の方法も変化してきましたし、これからも変化していくでしょう。 そんなIT支援の変化の流れ見ていきたいと思い …

ドレミファソラシド♪ スイッチで音階を鳴らす

特別支援教育や脳性麻痺の方の療育現場において、 ピアノの鍵盤は押せないけれど楽器を鳴らしたいというケースがあります。 そのような場合の対応策として、スイッチに音階を割り当てる方法があります。 &nbs …

スイッチの適応

肢体不自由あるいは重度身体障害の方のIT支援においては、スイッチを活用する機会が多いと思います。 今日はスイッチを1個ないし複数個押すくらいがやっとといった重度の身体障害の方へのスイッチの適応について …