Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

Q&A 構音

「ワンワン」などの幼児語を言わなくなるのは何歳頃か?

投稿日:2018-04-03 更新日: 2018-04-03

小さいお子さんの「ワンワン」「ブーブー」といった幼児語はかわいらしいですよね。
幼児語は何歳くらいで卒業するのでしょうか?

幼児語は一般的に6歳半ば以降からほとんど見られなくなると言われています。
 
 

 
 
 

言葉が出るのは何歳?

人間の発音は年齢を重ねる中で徐々に成長していきます。
赤ちゃんの頃はまだ言葉になっていない喃語(なんご)ですね。

これが1歳くらいになると具体的な音を出して単語になっていきます。
そのお子さんが初めて発する言葉を初語(しょご)と言います。

もっと詳しく:言葉が出るのは何歳から?
 
 
 

幼児語の背景

1歳頃というのは発音できる音が限られます。母音(あいうえお)や唇を使う音が主となります。

唇を使う音とは、パ行やバ行、マ行の音です。
これらは上下の唇と一旦くっつけないと出せない音です。
唇を使う音を両唇音とも言います。

使える音が限られるので、当然ながら組み合わせも限られます。
「ブーブー」「マンマ」「パパ」などに必然となっていきますね。

このように同じ音を繰り返す傾向を同音反復と言います。

発音できる音が少なかったり、それ故に同音反復があったりすることが、幼児語の背景にはあります。

このように見ていくと、幼児語が成長過程における必然であることがわかると思います。
 
 
 

発音が完成する時期

発音の上達や認知の向上に伴って、幼児語は徐々に減っていきます。

言語聴覚士の本間慎治氏によると、
日本語に必要な音が全て一貫して正しく発音できるようになるのはおおむね5~6歳頃だそうです。

このように考えると、5~6歳、つまり保育園の年中さんが幼児語を卒業する1つの目安になりそうです。
 
 
 

発音の自己修正

幼児語を使うか使わないかというのは環境や生活習慣も大きく影響しそうです。
発音の完成時期 = 幼児語卒業時期 と考えるには不十分。

もう少しいろんな側面を見てみましょう。

子供の全体的な発達を知る目安にKIDS乳幼児発達スケールというものがあります。

補足記事:KIDS乳幼児発達スケールとは?

KIDSによると、自分の発音が間違っていたときに、自分なりに修正を試みるのは4歳6カ月以降と言われています。

つまり4歳半くらいになってくると発音が成長するだけでなく、自分の発音についての自覚も少しずつついてくるということです。
 
 
 

幼児語の卒業

さらに子供の発達を見る目安に津守式乳幼児精神発達質問紙というものがあります。

補足記事:津守式乳幼児精神発達質問紙とは?

津守式乳幼児精神発達質問紙によると、
幼児語をほとんど使わなくなるのはおおむね6歳6カ月以降とされています。
 
 
 

まとめ

以上のことからまとめます。

人間が言葉を話し始めるのは一般的に1歳以降です。
同時にこの頃から幼児語が始まります。

なぜ幼児語が見られるかと言えば、発音をするための器官の未熟さ。それにより音のレパートリーが限られるからです。

口腔器官の発達や認知の成長に伴い、幼児は減少していきます。

4歳半以降には、自分の発音を自分で言い直すような様子も出てきます。

そうやって上達していき、5~6歳頃には発音がおおむね完成します。

さらに完成した発音が習熟していき、6歳半以降には幼児語がほぼなくなります。

しかしながら子供の成長には個人差があります。
上記はあくまで目安であり、多少の前後はあって当然でしょう。
 
 
 

その他の記事

子供の発音は何歳まで様子を見て、何歳から練習させたほうがいいのか?

子供はお箸を何歳から使えるようになるのか?

【小児発達】幼児期(0~6歳)の話し言葉の発達
 
 
 

参考文献

本間慎治『改訂 機能性構音障害』建帛社、2007年

-Q&A, 構音

関連記事

「さしすせそ」(サ行)の発音練習(6)~「し」の練習~

子供の発音練習についてです。 発音練習のことを医学的には構音訓練と言ったりします。 前回までで「さ・す・せ・そ」の音をマスターしました。 前回の記事:「さしすせそ」(サ行)の発音練習(5) 今回は「し …

「さしすせそ」(サ行)の発音練習(2)~「す」の音、単発の練習~

発音のことを医学的に構音と言います。 発音の練習をすることを専門的には構音訓練と言ったりします。 個人差はありますが、 日本語において「さしすせそ」つまりサ行の音は最も発音が難しい音とされています。 …

【子供の滑舌】音の意識の練習

子供の滑舌は成長ともに成長していきますが、中には練習が必要な場合もあります。 発音の練習をすることを専門用語では構音訓練と言ったりします。       音の意識 &nbs …

機能性構音障害とは?

構音とは医学的な用語です。発音とほぼ同じ意味と捉えてもらえばいいでしょう。 構音が障害されている。 つまり発音がうまくできない状態を構音障害と言います。 発音がなぜできないのでしょう? 理由はいろいろ …

「さしすせそ」(サ行)の発音練習(1)~サ行に必要な口腔運動~

子供の滑舌は自然に上達する場合が多いですが、 中には練習が必要なお子さんもいます。 発音の練習を専門用語で「構音訓練」と言ったりもします。 今回は日本語の音の中でも比較的難しい音であるサ行の音を見てい …