Sewisdoms

セイウィズダム 育児と医療とコミュニケーションスキル情報サイト

会話術

雑談で気をつけること

投稿日:2017-10-25 更新日: 2017-10-25

仕事の話など公的な話より、プライベートな話や雑談のほうが難しいものです。

今日は雑談で気をつけることを考えます。
 
 
 

冗談と悪口は違う

 
冗談と悪口は違います。

冗談とは互いが本心ではないと共通認識できるから冗談なのです。

冗談は互いが本心でないと共通認識できることとできないことのぎりぎりのラインであるほうが面白いのですが、そのぶんリスクも高まります。

自分だけ冗談のつもりの冗談は、相手にとっては悪口だったり毒舌にしかならなくて、そういうのは苦笑いしかできません。

相手とどこまで共通認識を持てているかということを考えることが大切です。

関連記事:冗談を本気にする人、本人は冗談のつもりでも周りには冗談になっていないこと
 
 
 

簡潔に言うことと毒舌も違う

 
自分が思っていることを遠回しに言うことと、相手が言ってほしくないことを避けて言うことは違います。

前者はまどろっこしい。後者はデリカシーがあります。

物事を簡潔に言おうとして、相手を傷つける言葉を言ってしまう人がいます。

わかりやすく表現することと、相手を傷つける言葉をダイレクトに言うことは違うということを心に留めましょう。

簡潔だけれど相手を傷つけない言葉というのがあるのです。
 
 
 

会話のハードルを下げる

 
人と会話をすることは、コミュニケーションをとることが目的です。

コミュニケーションをとること目的なので、会話の内容は必ずしも意味のあること・質の高いことである必要はありません。

むしろくだらない話で互いの会話のハードルを下げることは重要です。

「髪を切りに行きたいけれど、忙しくてなかなか行けないんだよねぇ」

まるで独り言のような内容でもいいのです。
相手からしたら「いや、知らないし」みたいな内容でもいいのです。

(もちろんそればっかりではだめですが。あくまでほどよく。)

「こんなくだらないことを話してもいいんだ」と思ってもらえることが大切です。

「怒られるかも」「つまらないと言われるかも」
「リアクションしてもらえないかも」
と考えると何を言っていいかわからなくて言葉に詰まって気まずい空気になります。

「何を話しても受け入れてくれそう」
「くだらない話でもリアクションしてくれそう」
「この人には何を話してもいい」
そう思ってもらえることが会話が弾む上では大切で、そのためには会話のハードルを下げることが大切です。

会話のハードルを下げるためには
自分からくだらない話をする。相手のくだらない話にきちんとリアクションをとる。

リアクションとは過剰なものでなくてかまいません。
ただの相槌でもいいのです。要はきちんと聞いているという合図を送るのです。
 
 
 
関連記事:会話における異性の感じ方の違い。男女間の会話術

関連記事:人の話をまとめたがる男は聞くのが下手

-会話術

関連記事

【会話術】事前に何を話そうか考えても、実際はあまり役に立たない

何を話していいかわからない。 人と話すときに緊張してうまく話せない。 人とのコミュニケーションが苦手な人は人との会話に関しても苦手意識を持つことが多いです。 上手に会話ができるようになりたいと思った時 …

【大人SST】「話が弾む」とはどういうことか。

会話は代表的なコミュニケーション方法のひとつです。 会話を円滑に進めることはソーシャルスキルトレーニングの中でも大切です。       【人と人の間には会話が発生する】 …

その一言が、相手を怒らせる②

その一言が、相手を怒らせることがあります。 言っていはいけないことを言ってしまう。 場にそぐわないことを言ってしまう。 本人に悪気はなくても、相手にとっては失礼に感じることを言ってしまう。 前の記事: …

【会話術】相手に「話しやすい」と思ってもらうにはどうしたらいいか?

会話術です。 よく「話し手」「聞き手」という役割から人とのコミュニケーションを考える方法があります。 一般には「上手い話し手」であるより「良い聞き手」であることがコミュニケーションを上手くとる秘訣であ …

メラビアンの法則とは?

メラビアンの法則とは、矛盾したメッセージが発せられたときに相手がどのように受け止めるかを研究したものです。 アルバート・メラビアンという人が実験をし発見しました。     &nbs …