3歳児の発達

3歳児とはどんな会話をすればいい?~子供とのおしゃべりの仕方~

投稿日:2019-10-28 更新日: 2019-10-28


 
 

3歳児と何をしゃべればいい?

およそ3歳くらいのお子さんと、大人はどんなふうにしゃべったらいいのでしょう?

子供の会話能力や発達には個人差があるのであくまで目安ですが、

3歳児との会話は話題がとびとびになるのはしょうがないので、まずはたくさん聞いてあげて「会話の楽しさ」を経験してもらいます。

そして、子供の負担にならない程度に、
1つの話題に沿って話ができるように軽く促してあげます。

以下、もう少し詳しく。

 
 
 

3歳児の会話能力の発達

3歳という時期は、言葉が急に増えてくる時期でもあります。

そんな3歳児の会話の特徴はズバリ「冗長性」と「範列的」である点です。

「冗長性」とは、とにかく文脈もなく知っていることや言えることをダラダラ話す話し方です。まさに言葉が溢れている感じ。

「範列的」とは、同じ表現を使い回すということです。

3歳児の会話能力のついては詳しくは以前とりあげたのでよかったらそちらをご参照ください。

 
 
 

3歳児との会話の仕方

3歳というのは言葉が増え始めた一方で、まだまだ認知や表現力が完璧ではありません。

こういう時期に、文脈や流れを指摘し過ぎても、子供は話すことが楽しくなくなってしまいます。

まずは話すことの楽しさをたくさん経験させてあげることが何より大切です。

そのために「そうなんだね~」「えー、そうなの?!」「すごいねー!」など、
リアクションを取ってあげながらたくさんお話を聞いてあげます。

さらに、3歳頃は「ニャンニャン走ってる~」「ブーブー走ってる~」といった表現の使い回しも見られます。

そんなときに「ワンワンも走ってるね~」など話にのってあげてもいいかもしれません。

また、「ニャンニャン走ってるね~。ニャンニャン好き?」など、

それとなく話題を継続できるようにアシストしてあげるとなお有意義でしょう。

 
 
 

おわりに

子供発達には個人差がありますから、「何歳でこういう状況」というのはお子さんによって異なるでしょう。

しかしながら、多くの場合、
発達のタイミングは違っても、発達の順序は一緒である場合が多いです。

つまり、「言葉が増えて冗長な会話をする」という時期は、お子さんによって3歳より前後するかもしれません。

しかし、冗長な会話をする時期がまったくなく、いきなり要点を押さえた論理的な会話をできる子はほぼほぼいないでしょう。

今、お子さんが、冗長でもたくさん話したい時期なのか、話題に沿った会話を習得するべきなのか、その子自身のペースを見て判断してあげたいものです。

 
 
 

その他の記事

 
 
 

参考資料

-3歳児の発達