5歳児の発達

5歳のはさみの練習と発達|子供の手先の器用さ

公開日:2020年10月13日


 
 

5歳児のはさみの使い方

5歳頃になってくると、ハサミで形を切り抜く際のはみ出しも少なくなってきます。

また3~4歳頃はどちらかというと「ハサミで切り抜くための練習教材」を切り抜くことが多かったですが、

5歳頃になるとより実践的にハサミを使うことができ始めます。

具体的には好きなキャラクターや工作の材料など、手段としてハサミで形を切る抜くことができはじます。

 
 
 

はさみの使用と子供の発達

 
 
 

5歳児のはさみの練習

発達の土台

5歳頃になると折り紙を折ったり鉛筆を鉛筆削りで削ったりと、より細かな手先の活動ができるようになってきます。

慣れた子であれば釘を金づちで打ったり、フォークとナイフを使って食事をすることも稚拙ながらできるかもしれません。

このように遊びにおいても生活においてもずいぶんと器用さが見られ始めるのが5歳頃です。

 
 

教え方

ハサミを使う段階としては、まずはでたらめでもいいので紙をハサミで切れるようになります。

その後、線に沿ったり簡単な形を切り抜けるようになっていきます。

ここまでがおおむね3~4歳頃に可能になっていきます。

そしてより丁寧に、応用を利かせる段階が5~6歳頃です。

具体的には、線に沿って切る場合ははみ出しを5mm以内にするように目指します。

また、切り抜く形は例えば子供用塗り絵のキャラクターなど、単純な図形ではない形を切り抜けるように練習していきます。

もちろん個人差はありますから、年齢にこだわりすぎずその子ができる段階から始めていきます。

 
 
 

おわりに

子供用のハサミは竹ひごを切る穴などプラスアルファの機能が付いていると重宝します。

個人的に多機能すぎる文房具は不要と考えていますが、竹ひごを切る機能はあってもいいのかなと思います。

竹ひごを切る機能があるハサミとは、刃が交差する付近に竹ひご用の穴があるハサミのことです。

これにより竹ひごを安全に切ることができます。

 
 

補足

 
 
 

参考資料

-5歳児の発達