アニメの対象年齢考察

銀魂は何歳向け?|子供とアニメの対象年齢

公開日:2021年5月4日


 
 

銀魂は何歳から?

 銀魂は少年ジャンプに掲載されていた作品であり、基本的は年齢制限のない誰でも見ていい作品になります。

 しかしながら物語の意図やおもしろみ、下ネタなどのギャグを理解し楽しむには、中学生以降くらいからが適しているのではと考えられます。

 
 
 

銀魂の解説

作品の解説

 ギャグとシリアスの絶妙なバランスと、登場人物達の信念のある人情劇で感動を誘う銀魂。
 アニメも漫画も人気の作品の1つです。

 江戸に宇宙人が襲来したというパラレルワールドにより、時代劇とSFの双方の世界を描ける自由度の高い世界観も作者の頭の良さがうかがえます。

 銀魂の作風としての特徴は、

  • シリアス回とギャグ回のメリハリがついている
  • シリアス回では主に武士道を土台とした人情劇が描かれる
  • ギャグ回では社会風刺や下ネタが多数扱われる


などの点が挙げられます。

 このため、シリアス回を理解するには登場人物達の背景や心情を理解する能力が必要です。

 そしてギャグ回はさらに読み手の年齢を選ぶと考えられます。
 社会風刺や他の漫画作品のパロディに気づける知識や、下ネタを理解・許容できる性的知識の成熟が必要です。

 
 

対象年齢の解説

 銀魂は少年誌である週刊少年ジャンプに掲載されていた作品です。
 そのため子供が見る上での表現や描写の配慮はなされています。

 しかしながら、漫画・アニメともにモザイクを用いたり権利違反スレスレのパロディを用いたりと、良くも悪くも「好き勝手やっている作品」としばしば評価されます。

 特に下ネタは女性の性的映像は少ないものの、男性器を暗に表現したギャグが多く、見る年齢層を選ぶ作品と言えます。

 週刊少年ジャンプの読者層は10~15歳が最も多く、次いで16歳以上の読者層が多い媒体です。

 銀魂はそんな少年ジャンプの作品の中でもやや読者を選ぶ作品ではと考えます。

 これらから、銀魂は中学生頃あるいはそれ以降くらいからが内容を理解しやすいのではと考えます。

 
 
 

補足記事

 
 
 

参考資料

『少年コミック誌』(雑誌広告ドットコム)2020年7月1日検索

-アニメの対象年齢考察