救急対応

誤飲・誤食の対応方法|子供を病院へ連れて行くかの目安

公開日:2020年10月12日

公的機関の医療情報を参考に、子供の病気や怪我について家庭でできることや対応方法をまとめます。
 
 


 
 

誤飲・誤食の判断基準

  • クレヨンや石鹸、ビニールや紙などを少しかじった
  • 絵の具や化粧水を少し舐めた
  • といった状況であれば、
    まずは家で様子を見て、
    心配なら病院の診察時間に合わせて診察を受けましょう。

    一方で、

    • 漂白剤や殺虫剤を飲んだ
    • 灯油やボダン電池を飲んだ
    • 嘔吐が止まらない
    • 呼吸状態がおかしい
    • 顔色が悪い
    • 意識がない
    • 痙攣がある

    といった場合は、すぐに病院へ連れて行きましょう。

    ちなみに「煙草(タバコ)」を誤飲・誤食してしまった場合はまた対応が若干異なりますので詳しくは以下をご参照ください。

     
     
     

    症状の見方やポイント

    危険な物を誤飲・誤食した場合、親としては非常に心配です。

    動揺してしまいますが、まずは冷静に

    子供の咳込みの有無や呼吸状態、嘔吐の有無などが観察します。

    そして周囲の状況を見て

    「何を」「どのくらい」誤飲・誤食したか把握します。

     
     
     

    家での対応方法

    まだ異物が飲み込まれず口の中にある場合は、そっと指で出してあげましょう。

    喉に詰まっているときは、頭を下にして線かあを叩いて出しやすくしてあげます。

    状況によっては

    指を喉の奥に入れて舌を押し下げ、吐かせることも考えます。

    しかしながら、

    漂白剤など酸性・アルカリ性が強い物、
    ベンジンなど発揮性のある物は
    吐かせるとかえって危険ですので無理に吐かせようとしてはいけません。

     
     
     

    おわりに

    子供の誤飲・誤食の事故において
    「何を」「どのくらい」誤飲・誤食したかは大切です。

    飲み込んだ物の残りや、
    子供が吐いた物、
    その容器や情報が書かれている説明書。

    そういった物を診察の際に持参すると有意義でしょう。

     
     
     

    補足記事

     
     
     

    参考資料

    『もしものときの救急車の利用法』(政府広報オンライン)2020年7月9日検索

    『子供の救急対応マニュアル』(医療ネットみえ)2020年7月9日検索

    『子供の急病対応』(広域災害救急医療情報システム)2020年7月9日検索

-救急対応