人間関係の教科書

【人間関係のコツ】誤解を受けないよう丁寧に気持ちを話す

投稿日:2019-12-09 更新日: 2019-12-09


 
 

丁寧に気持ちを話す

自分の気持ちや、そう思った経緯を丁寧に相手に話すことは大切です。

人間関係のトラブルの多くは、誤解による互いのすれ違いである場合が多いからです。

相手と考え方が違っても、自分がコミュニケーションが苦手でも、

相手に自分の気持ちを知ってもらうことで、
また、自分が相手の気持ちを知ることで、
誤解が解けて、互いに許し合えることができたりします。

 
 
 

人から誤解を受けやすい人

人とのコミュニケーションが苦手、人間関係でトラブルが多い。

そういったことになる理由は様々ですが、よくあるパターンの1つに、

コミュニケーションが苦手な人は、人から誤解を受けやすいという傾向があります。

悪い人ではないのですが、言葉足らずで悪い人に見えてしまう。

悪意はないのに、言い方が間違って悪意のあるように相手が感じてしまう。

自分がどう思い、どういう経緯でその言葉を言ったか、あるいは言わなかったか。
それを話し、知ってもらうだけで、関係が改善することがあります。

 
 
 

誤解を受けないために自分の気持ちを話す

他者から誤解を受け、人間関係のすれ違いを防ぐために、自分の気持ちを丁寧に話すように心がけます。

人と人とは違うから、「わかるはずだ」と思い込まず、自分の気持ちを丁寧に言葉にしてみます。

「わかるはずだ」と思い込みがあると、「普通~でしょ?」「~が当たり前でしょ?」といったちょっと冷たい言い方をしてしまいがちです。

人と人との違いを認め、自分の気持ちを伝えることを心がけると、「私は~と思う」「実は~だと思ってたんだ」と少し軟らかい言い方ができるようになりなります。

そうやってお互いの気持ちを共有し、思いやることができると、違う者同士でも許し合える・認め合えることができるかもしれません。

 
 
 

おわりに

人はそれぞれ別の考えを持った違う存在です。

「言わなくてもわかるはず」「言葉にしなくても察することができる」では限界があるのでしょう。

そういうときに、

自分の気持ちを素直に言葉にしてみます。
自分がどう思ったのかという経緯を言葉にしてみます。

そうすることで、相手は私の考えを「理解」はしてくれなくても「知る」ことはできます。

相手に自分を知ってもらうというのは、人間関係において大切なことです。

-人間関係の教科書