思春期

-

いじめの事例集と解説(中学生)|思春期を心理学の観点から

公開日:2024年7月4日


 
 

いじめの事例集と解説

 中学生のいじめを思春期の心理状態から分析し、事例を踏まえて見ていきます。

 思春期は友人関係の築き方が未熟な一方で、友達集団に依存してしまう時期です。(つまり友達付き合いがまだ未熟なのに友達グループを作りたがる)

 そのような中で、ある子は嫉妬心から、またある子はお互いの絆を試すためなど、様々な背景の下でいじめたりいじめられたりしてしまいます。

 以下、思春期のいじめについて見ていきます。

 
 
 

解説

いじめが増える時期

 調査によって見解が異なる場合もありますが、中学生の時期は(思春期の不安定さもあり)いじめが増える時期であると考えられます。

 これは単純に「いじめられる人」が増えるという話ではなく、「いじめる人」つまり加害者側が増えることを示唆しています。

 思春期特有の心理的要因、それによる人間関係から、中学生の時期はいじめの加害者になる子供が増える傾向にあります。

 
 

いじめの心理的要因

  • 大人への反抗心がある
  • 自己肯定感が低い
  • 自己認識が他者に左右されやすい
  • 友達集団への依存が強い
  • 友好な友人関係を築けていない場合がある
  • 自己開示が未熟である

 思春期の時期に発生するいじめの心理的要因としては例として以下のようなものが考えられます。

 もちろん、全てが誰にでも当てはまるわけではありません。
 例えばいじめの加害者全員が、大人への反抗心を持っているわけではないでしょう。

 しかしながら、これらの要素は思春期のいじめを考える上で非常に興味深いです。

 自己肯定感が低く、自己意識が他者に依存している子供は周囲に流されて集団いじめに加担してしまうかもしれません。

 友人関係をしっかり築けていないのに、グループから外されることばかり心配している子供(つまり集団への依存が強い)は、集団の中でからかいやいじめの対象になってしまうかもしれません。

 このように、被害者・加害者どちらも心理的要因を振り返ることは大切でしょう。

 以下、中学生のいじめの事例を見ていきます。

 
 
 

事例集

友達を無視した加害者の事例

 
 

友達に無視された被害者の事例

 
 

部活で無視された被害者の事例

 
 

いじめといじりの境界線があいまいな事例

 
 
 

参考資料

丸山真名美(1999)『思春期の心理的特徴と「いじめ」の関係』(心理科学研究会)2024年3月8日閲覧

楠凡之(1997)『少年期のいじめ問題の発生機序と教育指導 : 自我・社会性発達の観点から』(心理科学研究会)2024年4月28日閲覧

-思春期
-

テキストのコピーはできません。