IQ

-

IQと創造性と性格の関連は?|心理学

公開日:2024年2月6日


 
 

IQと創造性と性格

 性格因子における「開放性」とIQ(知能指数)にはポジティブな相関があります。

 つまり開放性のスコアが高い性格の人はIQも高い傾向にあるということです。

 ここで言う「開放性」とは、人の性格を5つの因子で見たときのうちの1つになります。

 
 
 

解説

開放性とは?

 性格分析において比較的有名な手法に「ビッグファイブ」という理論があります。

 ビッグファイブは人の性格を5つの要素で考えます。
 その5つとは以下のようなものになります。

  • N:神経質傾向(Neuroticism)
  • E:外向性(Extraversion)
  • O:開放性(Openness to Experience)
  • C:誠実性(Conscientiousness)
  • A:調和性(Agreeableness)

 開放性はこれら5因子の中でも比較的定義が難しい因子と言わています。

 新たな経験や刺激を求める「外向性」とも異なりますが、知的な経験を求めることは開放性も関連します。
 開放性は知的な活動に関わりますが、「開放性=知能」ではありません。

 研究では、開放性のスコアは文化的・芸術的活動の関りを予測することがわかっています。

 開放性は、アイディアや知的好奇心、創造性といったクリエイティブな知性に関連すると考えられます。

 
 

開放性とIQ

 開放性のスコアとIQ(知能指数)にはポジティブな相関があります。

 さらに細かく見ると、開放性とのポジティブな相関は、言語と知識に基づく知能が非言語的側面より高い傾向にあります。

 また、開放性と修学年数にも有意な相関があるようです。

 ここまでを踏まえると開放性は言語的に知能に関連しているようにも見えますが、開放性の特性をもっと象徴的に表しているのが以下の傾向です。

 詩人や芸術家には開放性の高さがうかがえます。

 このように開放性は知的活動、とりわけ芸術的な活動について興味深い関連を示しています。

 
 
 

ビッグ・ファイブ理論とは?

 
 
 

参考資料

ダニエル・ネトル(Daniel Nettle)(著)、竹内 和世(翻訳)『パーソナリティを科学する―特性5因子であなたがわかる』白揚社、2009年
 

-IQ
-

テキストのコピーはできません。