育児・教育コラム

-

自尊心(自信)を高めても学力は伸びない?~褒めることと子供の成績~

公開日:2019年8月25日


 
 

自尊心を高めても学力は伸びない?

学力が高い子は、自尊心が高い傾向にあります。

このことから、
まずはお子さん褒めるなんなりで自信をつけさせて、学力の向上に結び付けるという教育を行う場合があります。

要するに「褒めて伸ばす」パターンですね。

しかしながら実際は、
学力が高いから自尊心が高くなるわけで、
別に自尊心を高めても学力が上がるわけではありません。

今日はこの「学力」と「自尊心(自信)」の関係性についてです。

 
 
 

「学力」と「自尊心(自信)」の関係性

フロリダ州立大学のバイマイスター教授らの調査によると、
「自尊心の高さ」と「学力の高さ」に相関関係はあるが因果関係はないとされています。

相関関係とは、「Aが高いとき、Bも高い」という関係性ですね。

一方で因果関係とは「Aを高くすればBも高くなる」という関係性ですね。

全体として、自尊心の高い子達を見ると確かに自尊心が低い子達よりも学力が高い傾向にあります。

しかしそれは「自尊心が高いことが学力の向上につながっている」わけではなくて、

学力が人より高いと自尊心も高くなる傾向にあるというだけです。

なんだか当たり前というか、身も蓋もない結論ですね。

 
 
 

根拠のない自信は学力を下げる?

根拠のない褒め方は、むしろ子供の学力を下げるかもしれません。

バージニア連邦大学のフォーサイス教授らの実験で以下のようなものがあります。

学生を2つのグループに分けて、
1つは褒めるグループ(「あなたはやればできる」といったメッセージを添える)、
もう1つは自己管理を促すグループ(管理能力や責任感の重要性を話す)として双方に宿題を出しました。

結果、褒めるグループのほうが期末試験の成績が低かったそうです。

 
 
 

おわりに

上記で詳しくとりあげましたが、
褒め言葉を額面通り受けとれるのは7歳未満が限度です。
それ以降は言葉の裏の意味を考えだします。

つまり、
子供の能力を伸ばそうと、安易に上っ面だけ褒めても子供はそれを見透かします。

大人だって、明らかに社交辞令見え見えな褒め言葉はそんなに嬉しくありません。

やはり人を褒めるなら、きちんとその人のことを見た上で言いたいものです。

子供だって同じなのですね。

 
 
 

その他の記事

 
 
 

参考資料

-育児・教育コラム
-

テキストのコピーはできません。