JoyToKey まとめ

JoyToKeyの設定と使い方の解説まとめ

公開日:2017年1月17日


 
 

JoyToKeyとは?

JoyToKeyは、ジョイスティックコントローラーなどのゲームパッドにパソコンの機能を割り当てるソフトです。

パソコンでのゲームだけでなく、その多機能さから障害者のIT支援現場でも使われることが多いです。

 
 
 

JoyToKeyの設定や使い方

ダウンロードとインストール方法

JoyToKeyは無料で利用できます。

インターネット上からダウンロードできるので導入も比較的行いやすいかと思います。

 
 

JoyToKeyの画面の見方

JoyToKeyの設定画面は親切に作られてはいますが、慣れないうちは戸惑うかもしれません。

以下でJoyToKeyの主な画面の見方について触れていきます。

 
 

基本設定や操作

JoyToKeyは非常に多機能で応用が利くソフトです。

しかし多機能さを活かすにはそれぞれ単発の機能を使える必要があります。

JoyToKeyの基本となる設定をいくつか触れていきます。

 
 

実例

JoyToKeyの機能を使った実例をいくつか。

主にJoyToKeyでマウスを代替していきます。

 
 

トラブル対応

多機能ゆえに、ソフト自体は壊れていないけれどバグがあるように見えてしまうこともあります。

以下、主なトラブル対応についてです。

 
 
 

おわりに

JoyToKeyは無料で使用できるシェアウェアソフトです。

シェアウェアとは「しばらく無料で使ってみて、気に入ったらお金を払ってね」といった形式のソフトのことです。

シェアウェアソフトは普通、無料期間は制限があるしその間は一部の機能しか使えないことが多いです。

しかしJoyToKeyは無料期間無制限で無料使用中も全機能が使えます。(2016年11月時点)
つまり実質は無料で使えます。

さらに、障害者の支援など福祉目的であれば、JoyToKeyは無料で使ってもよいとのことです。

まあ、これだけ高機能で動作も安定したソフトを世に公開していて、開発者の方にほんと頭が上がらないですね。

-JoyToKey, まとめ