その他の対象年齢考察

ジュニアシートは何歳から何歳まで?

公開日:2019年12月6日


 
 

ジュニアシートは何歳から何歳まで?

ジュニアシートは何歳から何歳まで使用するものなのでしょう?

その子の体格によって異なりますが、
4歳~10歳くらいまでがジュニアシートを使用する目安です。

 
 
 

ジュニアシートと法律

チャイルドシートという言葉と比べると、ジュニアシートという言葉は俗語というか定義が曖昧です。

一般に「ジュニアシート」とは国土交通省が言うところの「学童用のチャイルドシート」を指します。

そして用途としては座席の高さを補うことで、シートベルトなどを正しい位置で装着できるようにするための物です。

法令上、6歳未満はチャイルドシートの使用義務があります。

しかしながら、6歳以上でもまだ子供の身長ではシートベルトやヘッドレストが正しい位置にならないことがほとんどです。

ずれた状態で座ると、事故の際に危険が伴います。

より安全に車移動をするため、車の安全装置の効果を充分に発揮するためにジュニアシートを装着します。

 
 
 

ジュニアシートの実際

ジュニアシートの形状は様々です。
背もたれのある物もあれば、座面だけの物もあります。

どちらも法律違反というわけではないので、好きな方を使用していいでしょう。

傾向としては座面だけの物の方が価格が安価です。

ジュニアシートにどれだけ予算を割くかは、チャイルドシートにどのくらい予算をかけたかにもよるでしょう。

タイプによってはチャイルドシートからジュニアシートに移行できるタイプもあります。

 
 
 

おわりに

法令上は6歳以降はチャイルドシートやジュニアシートを使っていなくても違反ではありません。

しかしながら、子供は身長が低いので、シートベルトやヘッドレストの位置がずれてしまいます。

国土交通省によると、チャイルドシートやジュニアシートを適切に装着できていない場合、適切に装着している人と比べると死亡重症率が6倍になるそうです。

車には様々な安全対策が施されていますが、それらの機能を充分に活かすためにも、ベストな姿勢で子供を乗せたいものです。

 
 
 

参考資料

『チャイルドシートに関するQ&A』(国土交通省)2019年11月29日検索

『チャイルドシートの種類』(国土交通省)2019年11月29日検索

『チャイルドシートの使い方』(自動車事故対策機構)2019年11月29日検索

-その他の対象年齢考察