運動の対象年齢考察

ケンケン(片足跳び)はいつから?何歳から?|子供の運動発達

公開日:2020年11月7日


 
 

片足ケンケンは何歳からできる?

ケンケン(片足跳び)は何歳頃からでしょう?

ケンケン(片足跳び)とは文字通り片足のみで体を支え、そのままジャンプして前に進んでいくことです。

その子の運動に対する興味、発達の個人差、練習量などにより時期は前後するでしょうが、

ケンケン(片足跳び)ができるのはおおむね4歳頃です。

 
 
 

片足ケンケンと子供の発達の解説

子供の発達を見る検査に、
津守式乳幼児精神発達質問紙
というものがあります。

子供の発達を全体的に見ることができる問診形式の検査です。

本検査によると、ケンケン跳びはおよそ4歳頃の運動発達に相当すると考えられています。

類似した検査である遠城寺式乳幼児分析的発達検査においてもほぼ同じ見解が見られます。

また、KIDS乳幼児発達スケールにおいては、2歳4か月頃にはケンケンを「しようとする」傾向もみられると考えれているようです。

以上から、

子供はおおむね2~3歳頃から片足立ちのバランス感覚に興味が芽生え始め、4歳頃には片足でケンケン跳びができる傾向にあるようです。

 
 
 

片足跳びの練習・教え方

片足跳びを行うには、片足で体を支えるバランス感覚と、力をためて勢いよく跳ぶ体の協調運動が必要になります。

片足跳びより簡単な運動動作に両足跳びがあります。
文字通り両方の足をそろえて前に跳ぶことです。

まずは両足跳びを通して、体をバネのように使う感覚を養うといいでしょう。

 
 
 

おわりに

子供の発達には個人差がありますから、
あくまで目安として捉えてもらえれば幸いです。

実生活ではその子自身のペースを大切にしてあげましょう。

片足跳びは片足でバランスととりながら跳ぶ動作ですから、これはその後のスキップなどの運動につながっていくでしょう。

 
 
 

補足記事

 
 
 

参考資料

-運動の対象年齢考察