まとめ 検査コラム

発達障害児療育や言語聴覚士(ST)のための検査・評価一覧(アルファベット順)

公開日:2020年9月2日


 
 

はじめに

発達障害児の療育に関わる検査や評価方法をアルファベット順にまとめています。

主に言葉やコミュニケーション面についての検査を主に挙げているので、国家資格である言語聴覚士(ST)が関わる検査が比較的多いと思います。

名称が日本語の検査を探す場合や
平仮名で探したい場合は
50音一覧の方をご利用ください。

 
 
 

アルファベット順一覧

A

ADHD-RS

ASC(児童用主張性尺)

ASQ(自閉症スクリーニング質問紙)

 
 

B

Barthel Index(バーセルインデックス)

 
 

C

CARS(小児自閉症評定尺度)

 
 

D

 
 

E

ECS(Emergency Coma Scale)

 
 

F

FILS(藤島の摂食嚥下状況のレベル)

 
 

G

GCS(Glasgow Coma Scale)

GUSS

 
 

H

HDS-R(長谷川式簡易知能評価スケール)

 
 

I

ITPA 言語学習能力診断検査

 
 

J

JCS(Japan Coma Scale)

 
 

K

KIDS乳幼児発達スケール

KiSS-18

 
 

L

LCスケール(言語・コミュニケ—ション発達スケール)

LCSA(学齢版 言語・コミュニケーション発達スケール)

 
 

M

MASA日本語版嚥下障害アセスメント

M-CHAT(修正版乳幼児期自閉症チェックリスト)

MWST(改訂水飲みテスト)

 
 

N

NCプログラム(認知・言語促進プログラム)

 
 

O

 
 

P

PVT-R(絵画語い発達検査)

 
 

Q

 
 

R

RAVLT(Reyの聴覚言語性学習検査)

Reyの複雑図形

RSST(反復唾液飲みテスト)

 
 

S

SDSC(社会的望ましさ測定尺度)

S-M社会生活能力検査

SMQ-R(場面緘黙質問票)

S-S法 言語発達遅滞検査

 
 

T

TK式(田研式) 言語発達診断検査

 
 

U

 
 

V

 
 

W

WST(水飲みテスト)

 
 

X

 
 

Y

 
 

Z

 
 
 

おわりに

 
 
 

その他の記事

 
 
 

参考資料

著者名『本の名前』出版社、20○○年
『参照タイトル』(サイトタイトルなど、J-STAGE、厚生労働省)○年○月○日検索

 
 

ここに引用画像ないし文章
「SSSS.GRIDMAN 第2話」(Abema TV)より引用

-まとめ, 検査コラム