カ行の構音訓練

-

【構音訓練】「こ」の短文の練習|子供の発音の指導方法(カ行)

公開日:2024年1月25日

前のステップ


 
 

 
 

「こ」の短文の練習

 前回のステップにて、「こ」のつく単語の練習を行いました。

 このステップでは「こ」の句および短文、つまり文章レベルでの構音を目指します。

 自発話における単語の熟達を確認しつつ、短文の練習に移行します。

 
 
 

解説

意義

 単語での構音を熟達させつつ、文章に移行します。また自発話での構音もしっかりチェックしていきます。

 日常会話での正しい構音に際して、橋渡しとなるのがこの文章レベルでの練習です。

 まずは「○○と○○」といった単語の組み合わせ、つまり句のレベルで練習します。
 それらが熟達したら短文、文章へと移行します。

 子供の発達状況によっては、文章の復唱が(文を覚えることができず)難しい場合があるかもしれません。

 その子の文章復唱が難しい背景によって個別に対応していきましょう。
 例えば知的に遅れがある場合は、全体的な発達水準を押し上げる必要があるかもしれません。
 例えば注意が逸れる・落ち着きがない場合は、文章を集中して聞き取る習慣形成が必要かもしれません。
 その子その子の背景に着目して対応していきます。

 
 

方法・手順

絵カード呼称

 前段階として、単語の自発話を確認します。「こ」がつく単語の絵カードを用いて、子供に呼称してもらいます。

 復唱や音読ではなく、自発話で正しく構音できるかは重要なポイントです。

 子供が誤った場合は「え、とま(こま)?」などのように修正を促します。

 

単語をつなぐ

 「こまとこおり」のように単語をつないで複数の語を一度に言っていきます。

 単語の練習と文章の練習を中間、橋渡し的な課題と言えるでしょう。

 「はことこま」「こんいろのはこ」のように短い2語文程度のもので練習します。

 絵カードでランダムに組み合わせを作って「○○と○○」といったゲーム形式で行うと数をこなしやすいでしょう。

 

クイズ形式で自発話の促し

 「滑り台やブランコがある場所はなんでしょう?(公園)」のように、クイズ形式で自発話を促します。

 これにより自分で想起した言葉で正しく構音できるように練習していきます。

 

短文の練習

 単語の自発話が熟達したら、文章の練習に移ります。

「公園でブランコに乗りました」
「女の子がコーラを飲みました」

 短い文章を読んだり復唱したりして練習していきます。

 
 
 

次のページ

次のステップへ

 
 

構音訓練の一覧

 
 
 

参考資料

湧井豊『構音障害の指導技法-音の出し方とそのプログラム-』学苑社、1992年

-カ行の構音訓練
-

テキストのコピーはできません。