漫画やアニメのレビュー

-

クレヨンしんちゃん映画で親子で楽しめる作品|大人が観てもおもしろい作品

公開日:2021年7月25日


 
 

親子で楽しめるクレしん映画

 クレヨンしんちゃん映画の中で、子供と大人どちらの目線からでも見応えのある「親子で楽しめる」と思える作品を挙げていきます。

 子供一人でテレビやアニメを見せるより、せっかくなら親子で見たほうが共通の話題もでき会話のきっかけにもなります。
 そのため親子一緒に何かのコンテンツに触れることは有意義なのですが、子供向けアニメはどうしても大人が退屈してしまいます。
 逆に大人だけが見て楽しいものを子供に見せても、それや親のエゴというものです。

 親子で見るなら子供も大人も楽しめる作品だと、無理なく時間を過ごせるでしょう。

 
 
 

親子向けのクレしん映画一覧

ブリブリ王国の秘宝

 クレしん映画の初期作品はどれも評価が高いですが、その中でも見やすいものの1つです。
 世界観と設定が壮大なわりに、意外と不自然さを感じさせない演出は見事です。

 ルルとミスターバブの格闘シーンは、クレしん映画全体を通しても屈指の戦闘シーンかと思います。

 
 

ヘンダーランドの大冒険

 異様な世界観からくる恐怖感が高評価につながっている「ヘンダーランドの大冒険」。

 クレしん映画はしんちゃんと行動を共にするヒロインが登場するのがお決まりのパターンですが、

 トッペマ・マペットはクレしん映画ヒロインの中でも非常に印象深いキャラクターかと思います。

 
 

嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲

 クレしん映画史上、大人を泣かす屈指の名作です。

 
 

嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦

 いつもはおふざけのしんちゃんが、涙を流すシーンが印象的な作品。

 こちらも大人を泣かせにきます。

 
 

嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード

 気持ちいいくらいギャグとドタバタ劇に振り切った作品である本作。
 これぞクレヨンしんちゃんのギャグ映画と言えるかと思います。

 振り切ったゆえに大人が見ていても退屈しない爽快さがあると思います。

 見終わると家族で焼き肉が食べたくなる映画です。

 
 

爆睡!ユメミーワールド大突撃

 劇団ひとり氏が脚本を務めたことでも注目された本作。

 全体としてはカスカベ防衛隊が活躍する王道の展開ですが、オチや構成がしっかりしており突飛なご都合主義が少ないように感じます。
 それゆえに大人の鑑賞にも耐えうるかと思います。

 
 
 

参考資料

-漫画やアニメのレビュー
-

新着記事